山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP > 2014年06月

50年ぶりに会ったサンコウチョウ

50年ぶりに会ったサンコウチョウ

 今日は、ブロ友の「東北の温泉」さんから、宮城県の太白山に生息しているサンコウチョウを午後から案内して頂きました。  東北の温泉さんはバードウオッチャーで素晴らしい写真をアップしています。 今日も、午前中別の場所で観察したものをアップされていました。  今回は、同じブロ友のnadesikoさんと2人案内して頂いたのですが、粘った挙句ようやくメスとオスの両方の姿を見ることが出来ました。  ただ、...

... 続きを読む

No title * by ナント
息を呑んで拝見、伝わってきました。
シーッ お静かに、ウンウン。

No title * by kamihuusenn-sora
いいないいな 羨ましいです。
私も会いたい サンコチョウ

☆彡

No title * by あじさい
名前を聞くのも初めてです。どんな声で鳴くんでしょうね、日本にもまだまだ珍しい生き物が多く生息してるんで、感動です。写真での紹介ありがとうございます。

No title * by momo
始めてみましたっ!!

可愛いねぇ~♩(≧∇≦)

トシヒコさんの記事は本当に勉強になるよぉ~(≧∇≦)(≧∇≦)(≧∇≦)

No title * by ann*kaa*o
美しい鳥ですね。

初めての 拝見しました。ありがとうございます。

No title * by yali3180
わぁ~~!凄い~@@サンコウチョウ・・初めてみました@@
粒粒は模様??
クジャクチョウですよね@@これもビックリ!いいな~~~@@

No title * by -
長生きする鳥なんですね。50歳なんだ!

No title * by ゆうゆう
初めて見る鳥です!!
50年ぶりの再会とは・・ロマンを感じますねー
私も見てみたい!!

No title * by トシヒコ
ata*kiz*gaw*さん
そうなんですよね~
めったに見られる鳥ではないです。

No title * by トシヒコ
東北の温泉さん
さいちのオハギ
やっと食べれました。

Comment-close▲

感動の映画 春を背負って

感動の映画 春を背負って

腰痛症の時は安静が一番 という事で、休みの昨日は椅子に座って時間を過ごせる二つの趣味で過ごしました。 先ず一つ目は 映画鑑賞 皆さんお薦めの映画「春を背負って」という山小屋を中心に描いた映画です。   これがなかなか良いんですよね~   松山ケンイチさんの気迫に満ちた演技と  蒼井優さんの爽やか過ぎる透明感がホント良かった。   最後は、涙うるうる・・・・・  絶対お勧めの...

... 続きを読む

No title * by カブ
ありゃ、お大事にです。
映画、いいですね!
アハハ、パチンコですか~

No title * by momo
トシヒコさ~ん(笑!!
やっぱり、じっとしてられないのね~♪♪
コルセット、なかなかいいでしょ?
お大事に!!

No title * by サチ
おはようございます。

映画を早速見に行ってくれ有難う御座います。
私も昨晩にブログ仲間に見て欲しいのでブログアップしました。
立山室堂には10回位行きましたが登山したのは2回です。
ガスで全く見えない世界だったり
しかし7時頃から室堂に行った時は晴天につられ遅い登山で山小屋の
人に迎えを受けたり沢山の思い出の立山です。

パチは腰痛にも良くないので止めましょう~
私は60歳でスッカリ止めました。
ナイス!

No title * by いけごん
早速、観てきました。
立山の厳しい自然が素晴らしく感動しました。
四季の美しさが素晴らしく映画を観ながらまた立山に行きたい気分になりますね。
吹雪の画面から3年前、立山室堂で暴風雨の中をトレッキングしたのを思い出しました。

No title * by トシヒコ
カブさん
椅子に座って安静が一番です。

No title * by トシヒコ
momoさん
そうなんですよ~
じっとはしてられません・・・

No title * by トシヒコ
サチさん
そんなにいろんな思い出があるんですか~
もっとゆっくりお聞きしたいですね~

No title * by トシヒコ
いけごんさん
そうなんですか・・
高い山での雨風はおっかないですよね~

No title * by 山ちゃん
腰の調子はいかがですか?
痛めたあと直ぐは暖めるより冷やした方がいいみたい。
お大事に

私も初日に盛岡で見ました。
向こうの山々はわからなかったけど、大きな画面で(うちのテレビ普通サイズ)見れたことや松山ケンイチが山男に成長していく様子など。
最後は私もでした。

No title * by ジョリー
お二つとも、とてもいい趣味ですね。
この映画、見てみたいです。

Comment-close▲