山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP > 2017年08月

悲劇の街道 西山新道(塩の道)

悲劇の街道 西山新道(塩の道)

小国町の小枕山の帰り道、地元の方との立ち話で、悲劇の街道「西山新道」の詳しい方だとわかり、話をお聞きしているうちにokusannと意気投合、急きょ案内して頂くことに。五味沢の中野集落から1キロほど奥に入った所の山の神神社が有るんですが、一般車両はここまで。  西山新道は、ここを右側に入って行くと川を渡って続いて行くんですが、現在は橋も無いので車道を進んで行きます。11:05 西山新道入口約1キロほど...

... 続きを読む

No title * by 黒柴テツ
私の歩いて来た人生航路と一緒だ。
「悲劇の人生航路」
明日になれば消えて無くなる( 泣 )

トシヒコさんがうらやましい!
きっと後々銅像が立つ🙌

No title * by 東北の温泉バカ
福島の奥会津にも長岡藩から会津藩に抜ける
街道がありましたっけ!!
河合継之助の最後の地にも立ち寄りました。

No title * by トシヒコ
> 黒柴テツさん
なにをおっしゃいますか~
我が人生なんて屑の積み重ね。
地獄にしか行けませんよ・・・・

No title * by トシヒコ
> 東北の温泉バカさん
そうなんですか・・・
歴史って知れば知るほど面白いですよね~

No title * by okusan
二次回のお付き合いありがとうございました。
お疲れ様でした。
仮称・石滝林道は脇ノ沢からまだ奥に続いて、
小枕山下の沢に通じる所にも○○歩道とか、
○○入口の道標が有ると思います。
昔の絵地図では石滝橋が有り、松の家が道路右に
有ります。

No title * by okusan
石滝部落に詳しい友人に聞きました。
昔の絵地図では、松の家が道路右に有ります。
・・・昔の道と今の道は場所が違うからです。
納得しました。

No title * by きださん
古道や古い峠などは、当時の行きかえりを想像することでさらに楽しくなりますね。それにしても夏場は草が生い茂り大変でしたね。

No title * by トシヒコ
> okusanさん
なるほどね~
なんかいろいろ歩きたくなりましたね~

No title * by トシヒコ
> きださんさん
そうなんですよね~
やっぱり秋とか春先がいいみたいですね。

No title * by ジョリー
山形の歴史探訪、興味深いです。ほんと、歩けば歩くほど疑問が湧いてきて、調査してみたいとこがいっぱいです。いろいろ探りながら道発見、山歩きの醍醐味ですね。

Comment-close▲