山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  その他の趣味 >  歴史 >  私が生まれた新田という部落

私が生まれた新田という部落

 今回は私が高校生まで住んでいた「山形県山形市大字柏倉字新田」という廃村を紹介します。
 柏倉の小学校まで歩いて1時間。車がなかったので,小学校から高校まで,毎日歩いて通いました。

 昔,最高14軒あった集落は廃村となり,夏場に田圃を耕すため休憩するための家が,3軒ほど残っているだけで,その他の建物は取り壊されたり,朽ちて無残な姿になってしまっています。
 集落は山の上に開墾したため,田圃の殆どが棚田です。


 新田は1600年関が原の戦のとき,最上勢と天地人で有名な直江兼次が長谷堂で戦ったときの落人です。
 その時に,長谷堂の八幡様からご神体を持って来て安置していると言われる観音様です。小さい頃よくかくれんぼをして遊びました。


 下の写真の右奥の建物は,「番小屋(ポンプ小屋)」です。昔はその隣に小学校の分校があり,私も冬のみこの分校に通いました。
 左側は,山ノ神に行く参道です。


 これは,参道の途中にある石碑で「湯殿山・金華山」などがありました。昔は建物があり屋根が架かって,年に1回餅を焼いたりお祭りが盛大に行われていました。


 こんな人型のものも有りました。何なんでしょうか・・・・


 これが中腹に祭られている山の神です。年寄りがお祭りのときは輪になって酒盛りをしていたのを思い出します。
 年よりは山の神のお膝元で酒を飲み,若者は下で酒を飲んでしました。


 新田の集落のは入り口に「首なし六地蔵」があります。
昔子供が地蔵の首に縄をかけ引っ張って遊んだため無くなったと言われています。

 我が家はというと,前に家があった所には杉が植えられ面影はまったくなくなってしまいました。
スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

No title * by プランデュー
こういうところで育ったこと、誇りですよね。
わたしも山育ち(農村ではなくて、山です)なので、
あの楽しさをわが子に教えられないのが残念です。
廃村になっても、手入れをしてもらいたいですね!

No title * by なおき
いつまでも、面影を残して欲しいですが~
建物の保存は、難しいですよね。

そうでしたか~トシヒコさんの育った家跡も・・・杉の木になって、成長続けてましたね☆

No title * by トシヒコ
ブランデーさん
感じられませんね~
でも,改めて子供時代に遊んだ場所を見るとなんでこんな狭いところで・・・・と思いました。

No title * by トシヒコ
なおきさん

うまい!
座布団 1枚!

そんな上手い事言われると,杉の木大事にしなければいけないですね・・・。

No title * by リク です。
この様な素晴らしい所で育ったのですね、そんな素晴らしい集落が、今は廃村となってしまっているなんて、本当に惜しいですね。
これだけ、車社会になって、田舎でも都会と変わらずに生活も出来る様になっているのに、とても残念ですね、今の若者、集団移住などでこの地で生活をして欲しい気持ちで一杯です。

No title * by トシヒコ
りくさん
そうなんですよね~
今の若者に昔の私達の体験をさせたいですね~。
昔は,養蚕が盛んで,畑だけでは足りず,山奥に分け入り,山桑を摘んで30分も背負って運んだ苦労が思い出されました。

No title * by にゃぴ
天然杉でしょうか?情緒があって良い所でしたのに…
でも、こうやって未だに訪れる事が出来て良いですね。

私の生まれ育った所も山里の田舎です(^^)
保育園から45分歩き、中学が統合して村に1校になってからは
チャリで30分、冬歩くと1時間半もかかりました^ ^;
今はスクールバスが通ってますけど。。。

No title * by トシヒコ
にゃぴさん
天然杉ではないような気がします。判りませんが・・・

にゃぴさんも随分苦労されたんですね・・。
当時,学校前の子供達が羨ましくて,しょうがありませんでした。

Comment-close▲

コメント






管理者にだけ表示を許可

No title

こういうところで育ったこと、誇りですよね。
わたしも山育ち(農村ではなくて、山です)なので、
あの楽しさをわが子に教えられないのが残念です。
廃村になっても、手入れをしてもらいたいですね!
2009-12-07-21:30 * プランデュー [ 返信 * 編集 ]

No title

いつまでも、面影を残して欲しいですが~
建物の保存は、難しいですよね。

そうでしたか~トシヒコさんの育った家跡も・・・杉の木になって、成長続けてましたね☆
2009-12-08-04:36 * なおき [ 返信 * 編集 ]

No title

ブランデーさん
感じられませんね~
でも,改めて子供時代に遊んだ場所を見るとなんでこんな狭いところで・・・・と思いました。
2009-12-08-07:59 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

なおきさん

うまい!
座布団 1枚!

そんな上手い事言われると,杉の木大事にしなければいけないですね・・・。
2009-12-08-08:02 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

この様な素晴らしい所で育ったのですね、そんな素晴らしい集落が、今は廃村となってしまっているなんて、本当に惜しいですね。
これだけ、車社会になって、田舎でも都会と変わらずに生活も出来る様になっているのに、とても残念ですね、今の若者、集団移住などでこの地で生活をして欲しい気持ちで一杯です。
2009-12-08-11:56 * リク です。 [ 返信 * 編集 ]

No title

りくさん
そうなんですよね~
今の若者に昔の私達の体験をさせたいですね~。
昔は,養蚕が盛んで,畑だけでは足りず,山奥に分け入り,山桑を摘んで30分も背負って運んだ苦労が思い出されました。
2009-12-08-18:45 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

天然杉でしょうか?情緒があって良い所でしたのに…
でも、こうやって未だに訪れる事が出来て良いですね。

私の生まれ育った所も山里の田舎です(^^)
保育園から45分歩き、中学が統合して村に1校になってからは
チャリで30分、冬歩くと1時間半もかかりました^ ^;
今はスクールバスが通ってますけど。。。
2009-12-08-19:46 * にゃぴ [ 返信 * 編集 ]

No title

にゃぴさん
天然杉ではないような気がします。判りませんが・・・

にゃぴさんも随分苦労されたんですね・・。
当時,学校前の子供達が羨ましくて,しょうがありませんでした。
2009-12-08-21:50 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]