山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  鳥海山 >  笙ガ岳 >  鳥海山 笙ヶ岳へ長坂道登山コースと高瀬渓谷

鳥海山 笙ヶ岳へ長坂道登山コースと高瀬渓谷

鳥海山の笙ヶ岳まで長坂道コースを使って行ってきました。
 
登山口がなかなか解らず、迷った挙句ようやく見つけた登山口。
 
しらい自然観から北側に数百メートルほど行き、
ここから山側に入って行くと万助道登山口です

 
自販機がある所から右側に入って行きます。

 
 
7:50 駐車場発
  トイレが完備し広い駐車場がある登山口にようやく着いて出発。

 
 
駐車場の奥から杉林の中に入って行くと、間もなく高瀬渓谷との分岐です。
高瀬渓谷へは帰りに寄ることにしてまっすぐ進んで行きます。

 
 
8:30 高瀬渓谷や万助道への分岐
  途中、枯沢や解りづらい高瀬渓谷への分岐を通り越して、しっかりした看板が有る万助道や高瀬渓谷への分岐に到着。
  ここまでは平たんな道です。

 
 
9:00 ガラ場
  万助道分岐からしばらくは平たんな道を歩いてきますが、途中から長い坂が続いて、このコースの「長坂道」の意味を実感します。
  ただし、ロープが必要は程の急な坂は有りません。

 
 
 
ガラ場まで来ると、ようやく林から抜け出し庄内平野が見えるようになってきます。

 
 
9:25 天狗岩
  登山道から5mほど離れた所に大きな岩が有りますが、これが天狗岩です。
 この岩に登って見渡す光景は素晴らしく、天狗になった気分が味わえます。

 
 
 
天狗岩を過ぎて間もなく、森林限界線を通過して見晴らしが効くようになってきますが・・・・
 今回は、白い霧の中で何も見えません。
 ただただ、延々と坂を登って行くばかり。
 こういう風景になってから30分は軽く登り続けます。

 
 
花の時期は、チングルマやハクサンイチゲ等が咲き誇っている所を歩いて行くようでした。今も僅かに遅咲きの花が咲いていました。

 
 
 
10:50 笙ヶ岳山頂
  ほとほと歩くのが嫌のなったころ、ようやく笙ヶ岳山頂到着です。
  本来は綺麗な紅葉や、鳥海山頂など心躍りながら登ってくるコースも
 今日は白い霧のトンネルの中を歩いてきたので、何も見えづ感動はほとんど有りません。

 
 
高瀬渓谷に感動しながら下山した時は、何時もの様に素晴らしい天候に変わっていて、笙ヶ岳や鳥海山がはっきり見えるようになっていました。
※ 拡大可

 
登り3時間
 長~~~~イ坂がとっても印象に残るコースです。
 
 ただし、次回報告させて頂く高瀬渓谷は一見の価値が有りますよ~
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

コメント






管理者にだけ表示を許可