山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  高戸屋山 >  高戸屋山 川西町の小松地区で一番高い山

高戸屋山 川西町の小松地区で一番高い山

川西町の小松地区で一番高い山 高戸屋山368mに行ってきました。

以前から、ちょっと気になっていた山なんです。
368mの低山なんですが結構登り応えがある他、眺めがよくてしかも周回2時間の大衆向きの山なんです。

まずは、有名な川西ダリヤ園の駐車場に駐車し出発です。

9:00 駐車場発
  直ぐ脇の温泉施設まどか前まで行くと、内山沢遊歩道の看板が有りますので、それを見て歩いていきます。



↑の写真の赤丸の拡大です。
  こちらの看板は、内山沢遊歩道を主に太線で案内していますので注意してください。
  高戸屋山周回コースは看板の黒い線の外周コースです。
  これをしっかり頭に入れて歩いてください。



温泉施設「まどか」から100mほど行くと右側に登山道入り口の看板が有りますので、そこを右に入っていきます。



入ると直ぐに、交差点に出くわします。
ここは自転車のロードコースともなっているようで、混乱しますが直進です。
そして、スキー場脇をまっすぐ登っていきます。(結構きつい坂です。)



スキー場を登りきると尾根歩きになりますが、そこからの眺めが素晴らしい。
まずは、出発したダリヤ園やまどか等が見られます。



更に、朝日連峰の三体山や祝瓶、朝日岳なども見えました。
          ↓三体山                        ↓祝瓶山




尾根歩きは若干のアップダウンが有りますが、よく整備された散策路となっています。
周回コース中、道路脇には中くらいの太さのワラビが採り頃でした。)



途中のピーク等には案内板があるんですが、帰りの分岐の所に無くって、内山沢に降りてきてしまいました。赤線が降りてきた線です。
 半分がっくり。でも、また来る理由づけにもなりました。



9:50 最後の分岐
  直登すると、100m位で山頂です。
  直登コースは、ちょっと笹が迫ってきたりして荒れ気味です。



9:55 山頂着
   歩き始めて約1時間で山頂着です。
   ゆっくり歩けば1時間30分くらいでしょうか。




368mとちょっと低山過ぎる山ですが、眺めは朝日連峰、東連峰、奥羽山脈等を眺めながら歩けるほか、ワラビやその他の山菜も収穫しながらだと周回時間は
3~4時間は掛かる
お勧めのコースです。



途中、数か所の分岐が有り、どっちに行こうか迷いますが、案内看板の写真を撮ってそれを見ながら進めば何とかなると思いますが、私は感で途中から左に降りてしまったので、内山沢遊歩道に来てしまいました
 やっぱり分岐には案内板が必要ですよね~



10:50 ダリヤ園左回りコース入り口に到着
  この周回コースは、右回りと左回りの出入り口に案内看板が設置して有、入り口は分かりやすいと思います・



今回歩いたコースの概要です。
 皆でわいわい言いながら楽しく歩くのには最適なコースですよ~



川西ダリヤ園という有名な公園なので、ダリヤの咲く頃歩かれるのは最高かと思います。
 帰りは、まどかの温泉に入って汗を流し、反省会っていうのもいいと思いますよ~


スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

コメント






管理者にだけ表示を許可