山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  蔵王連峰 >  不忘山関係 >  不忘山  白石スキー場~水引入道~不忘~白石女子高山小屋跡周回

不忘山  白石スキー場~水引入道~不忘~白石女子高山小屋跡周回

6月1日 ブロ友okusanに誘われて不忘山1705mに行ってきました。

白石スキー場~水引入道~南屏風~不忘山~白石女子高避難小屋跡周回です。

なぜ今の時期かというと、山形市周辺では一番花が多いんです。

7:10 駐車場発
 駐車場から、レストハウスの前を通り、ゲレンデの右端を登っていきます。



7:30 水引コース登山道入り口
 初級者用のなだらかなゲレンデを登っていくと、やがて右側に登山道入り口の看板が有り、そこから整備された道を歩いていきます。



それほど急なアップダウンはなく、等高線に沿って登っていく感じですが、急な斜面をトラバースするので、ちょっと気を許すとあの世に行くようなところが何ヵ所もあります。



9:00 沢を横断
  最大の難所。
  ↓の写真の赤線を付けた辺りからのトラバースと雪渓歩きがこのコースの最大の難所です。(鎖はあります。)
  そしてここから急登が始まります・・・。



沢を渡ると急な直登。
 最初は急な直登ですが、途中からは激登へと変わっていきます。



とにかくひたすら我慢の登り・・・・・・・


9:30 展望
  林の中を、ひたすら登ていくと森林限界が現れ、急に視界が開けてきます。
  その光景は今までとは打って変わり、不忘山と太平洋まで一望できます。



9:40 ジャンボリーコースとの分岐
  ここは、不毛地帯なので霧がかかったりしたら迷う恐れ大なるところです。
  水引コース(ヨガ沢コース)は、道標からまっすぐ降りるコースで、ジャンボリーコースは横にトラバースしていくコースです。



9:50 水引入道山頂
  ここからの眺望もなかなかのもので、鳥海山も見えました。




      ↓不忘山               ↓屏岳           ↓後烏帽子



10:10 水引平
  この湿原には、チングルマが咲き始めでした。
  この湿原を過ぎると、これまた急な直登が続きます。



10:40 芝草平からの登山道と合流
   このコースはここからがお楽しみ。
  色んな花が咲き誇っていましたよ~




ちょっと長くなったので、続きは次回報告します。

とっても綺麗なんですから~

おまけです。




スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

コメント






管理者にだけ表示を許可