山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  東北の山 >  秋田県の山 >  虎毛山 雲上のオアシスと奇木

虎毛山 雲上のオアシスと奇木

虎毛山山頂の高層湿原を、避難小屋内の看板に「雲上のオアシス」と書いてありましたが、これを見たくてやって来ました。

 想像では、ニッコウキスゲが満開でいろんな花々が咲き乱れる、まさしく雲上のオアシスだとイメージしていたのです。

焦る気持ちを我慢して、天気が回復するであろう午後に期待し
 とりあえず、小屋の中に入って昼食。



内部はとっても綺麗で、建て替えたばかりの雰囲気がはっきり感じ取られました。
トイレは、ポッチャン式ですが綺麗で洗い用の水も設置してあります。



この虎毛山は、虎という名前が入っている山では日本一高いそうで、タイガースファンが結構願掛けに来るそうです



昼食後は、山頂標識で手拭い撮影です。
二等三角点で標高は1432m



ここから木道が続いていて、間もなく池塘群が現れます。



池塘はこれで全部。
湿原はチングルマが最盛期は一面に咲いていた感じがしましたが・・・・
今は数輪残っているだけでした。



他の花々を探しましたが・・・・・


モウセンゴケの群生と



ようやく見つけたトキソウが一輪



あとは、イワイチョウが少し。
 
チングルマも終わったばかりのこの姿



私の憧れの風景は全くありませんでした。
栗駒山も雲で見られなかったし・・・・・

救いは、登って来る途中の夫婦桧の近くにあった珍しい桧木を紹介します。

分離したりくっついたりしている摩訶不思議な桧木の古木なんです。



この古木の根元には、ブナの若木も出ていたり異種一体型の桧木なんです。



一番驚いたのは、最終駐車場手前にあるモリアオガエルの池やその先にある湿地帯の木に有ったモリアオガエルの卵

 普通は、高さ数メートルに産み付けるのが一般的ですが、ここの卵は
 高さ9m以上は有ろうかという超高層タマゴ
 オタマジャクシが孵化して水面に落ちる時、脳震盪や骨折しないのでしょうか・・

この木は正常な高さですが、別の所の産み付け場所には驚きました。

自然界の摩訶不思議な光景にびっくりしてきました。


後はこの山、誘われない限り来なくてもいいかな~



スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

コメント






管理者にだけ表示を許可