山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  その他の趣味 >  花々 >  北蔵王縦走で見つけた花々

北蔵王縦走で見つけた花々

7月6日 新山コース~雁戸山~名号峰~蔵王ダムの周回コースで出会った花々を紹介します。

まずは、新山コースで群生しフキの葉っぱのように大きな葉と沢山の実をつけた
超ビックリのサンカヨウ



雁戸山と南雁戸山の鞍部に咲いているハクサンフウロ



同じ鞍部でオオカサモチ
 この鞍部には色んな花が咲いているんですが、アップダウンが激しいので人はあまり来ないんです。



同じ鞍部に咲くミネウスユキソウ



南雁戸の登り返しの岩場に咲いていたタニウツギでしょうか?
凄く色が濃くって紫色をしていました。
 この一帯は、コメツツジの群生帯でもあるんです。



同じ岩場のベニバナイチゴでしょうか?(タカネバラ。あとで教えて頂きました。)



南雁戸山頂近くのシャクナゲミヤマハンショウズルの綿毛です。



名号峰から僅かに離れた8畳ほどの小さな砂地にひっそりと群生しているコマクサ

熊野岳周辺の一大群生帯から離れること1時間。
まるで、我が生まれ故郷の新田の様に、落人的な孤島にひっそりと咲き、
しかも、砂地の北側に固まって咲いている姿がナントも愛おしくてたまりません



ベニバナイチヤクソウは名号峰と自然園の追分分岐の中間に咲いていてくれます。



コバイケイソウですが、追分分岐から蔵王ダムに行くコース上に信じられない位群生しています。



こちらのラン??
 長い登山道の中で一か所だけに数本固まっていました。



間もなく蔵王ダムというところに群生していたイチヤクソウ
真っ白い花がとっても愛らしく感じました。



その他にもたくさんの花々が咲いていましたが、私の個人的な好みで紹介させていただきました。

ロングコース以上に長い報告になってしまいました。
お付き合いありがとうございました。



スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

コメント






管理者にだけ表示を許可