山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  吾妻連峰 >  吾妻連峰探検 家形山~家形山避難小屋~東海大学緑樹山荘 №2

吾妻連峰探検 家形山~家形山避難小屋~東海大学緑樹山荘 №2

不動沢登山コースから家形山までは前回紹介しましたが、今回は家形山を下り
硯石という分岐から、家形山避難小屋と東海大学緑樹山荘までを探検してきましたのでその報告です。

地図はこんな感じで、赤線で表示しました。   
                           
                        この辺をクリックしてください拡大可

12:30 硯石分岐を小屋方面へ
  時間が早かったので、硯石分岐を左折し家形山避難小屋を目指しました。
   このコースの登山道は、良く下刈りされている他、道標も有るので迷うことはありません。




12:45 シラビソの巨木
  この方角よりも斜め45度ずれた方が大きさが分かるようでしたが、びっくりするくらいの大きさです。しかも、三頭木(神の宿る木)。
 八甲田の熊さんに連絡してみようかな・・・(巨木が詳しい方なんです)




名前ははっきり分からないので葉っぱも撮って来ました。
チョットぼけ気味ですがね・・・・・・・             ※拡大可です

※ もしかしたら日本一太いシラビソの木かも!
  指定には 
   1,3mの所で太さを測り、所有者も確認する必要があり、
   写真もいろんな角度から撮って、報告の必要があるとのことです。


12:50 東海大学緑樹山荘との分岐
  コース途中にある看板では青木コースとなってますが、緑樹→青木の関係かと思います。
  ここは直進です。


12:55 家形山避難小屋
  ここは常に解放されているようでした。
  家形山に通じる登山道は、小屋の左側に続いていましたが、今は廃道になっているようでした。



 この小屋の特徴は、中でバーベキューができるように、親切にもアミが常設されていて中はとっても綺麗でした。
 ストーブの後ろ側に注目!
 ストーブでできた炭をイロリに入れてアミで焼くのでしょうか?



20mほど手前(登山道)に水場も有りますので楽です。



家形山避難小屋から一旦分岐へと引き換えし、東海大学緑樹山荘に行ってみることにしました。
 途中、枯れ沢的な所等も有りますが、道刈りはされテープも有りますので、迷うことはないかと思います。




途中、変わった滝を発見しました。



13:40 東海大緑樹山荘
 急な下りはありませんが、枯れ沢や九十九折をどんどん下って、ようやく到着。
 この小屋は、鍵がかかっていて一般の人は入れないようでした。
  トイレは外にある他、水道は中に有ったのでなかなか素晴らしい小屋でした。



初めて通るコースでしたが、こんな所に慶応大学・東海大学の山荘や家形山避難小屋など、いくつもの小屋があり、人気の山であることが感じられました。

今回は、今まで体験したことのない強烈な暴風や、目に染みる紅葉や魔女の瞳の青さが印象的で感慨ひとしおです。

誘って頂いたokusanありがとうございました。





スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

No title * by トラ山
東海大学緑樹山荘はOBにより何とか維持されているようですが、いかんせん現役部員がいないようで今後どうなるのかなと思っています。開放してくれたら活用もできるのですが、管理の問題が出てくるので難しいでしょう。

No title * by トシヒコ
> トラ山さん
そうなんですか・・・・
立派な小屋なんですがね~

Comment-close▲

コメント






管理者にだけ表示を許可

No title

東海大学緑樹山荘はOBにより何とか維持されているようですが、いかんせん現役部員がいないようで今後どうなるのかなと思っています。開放してくれたら活用もできるのですが、管理の問題が出てくるので難しいでしょう。
2015-10-11-09:11 * トラ山 [ 返信 * 編集 ]

No title

> トラ山さん
そうなんですか・・・・
立派な小屋なんですがね~
2015-10-11-19:01 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]