山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  その他の趣味 >  峠道 >  とってもスリリングだった小山田新道

とってもスリリングだった小山田新道

小山田新道とはいっても、江戸から明治に変わる時に、5年くらいしか活躍しなかったはかない峠道なんです。

せっかく、地元の庄屋さんが私財を投入し開通させた峠道なんですが、直ぐにトンネルのある国道が完成し、間もなく廃道になってしまったそうです・・・・
悲しいですよね~

7:40 駐車場発
  一台を別の柳沢に置いて今回は横沢から週回する計画。
  案内して頂くのはこの小山田新道の魅力に取りつかれて何回も来ているokusanです。
  okusannの詳しい報告が載っていますのでクリックしてください。
  



駐車場からは、林道跡が有りますが萱などが出ていて歩きのみ可能です。
杉林を抜けると、葉ワサビが沢山出ている沢伝いに歩いて行きます。
 左手前の青い葉っぱが葉ワサビですが、食べるととっても辛かったです



8:30 水分
  ここにマロ7さんが作ってくれた木製看板が有り、大変わかり易くなっています。
  石垣なんかも有って、昔の小山田新道跡である事が分かります。



9:30 掘割
  前回の5月はここまで連れてきてもらって弁当を食べ引き上げた所です。
  廃道の障害木がかなり除去されていたので結構歩きやすい道になっていました。



掘割からは、急に急斜面をトラバースする道へと変わり、何ヵ所も崩落したところが有って、道跡を探すのに苦労しました。
 下の写真でもわかる通り、凄い岩場が何ヵ所も有るんです。
 よくこんな険しい所に、昔の人は馬車道を作ったもんだと、敬服してしまいます。



所々、眺めのいい所が有り、歩いて来た道を振り返ります。
掘割からほとんど等高線上に平坦な道だった事が伺えます
しかし、今はとっても急斜面になっていてスリリングな道へと変わっていました。



中には、こんな立派な道として昔の姿をそのまま残している所も有ります。



12:10 県境
  山形県と宮城県の県境です。
  ここから先は宮城県へと入って行きますが、今回はここで12時になってしまったので引き返すことにしました。
 丸の中にokusannが居ますので、道幅などが実感されると思います。



県境脇のピークに登って宮城県側を眺めてみました。
関山トンネル真上を通る尾根に続いている峰々です。
次回は来春に、そちらを歩いて見る予定です。



13:10 柳沢へ急降下
  帰りは途中まで戻って、柳源流へと下って行きます。
  これが結構急なんですよね~
  okusannはカモシカみたいにすいすい下って行きますが、私は・・・・・・・



柳沢の源流は、凄い急で、草などつかまって何とか下って行きます。
そして、沢になったら今度は小さな滝が何ヵ所も有って、これまた大変です。
 写真は、大した事ないように見えますが、これでも1・5m程の段差が有るんです。



13:40 林道着
  二つの中程度の沢が合わさるところで、沢を渡り土手を登ると林道に出ました。



林道に水があふれ出て川になっており、増水時は大変かも・・・・・・。
右脇には、高さ50m以上は優にあったように見える感動の滝が有りました。



柳沢の脇を林道が通っていますが、林道から見る沢には沢山の魚影が見られましたよ~



14:10 駐車場着
  okusannの車を置いた所に到着。
  



所要時間 6時間半
       
  江戸の後半から明治にかけ、僅か5年間で役目が終わった小山田新道

 今は廃道のため、歩く人はなく、長年の歳月で道跡もはっきりしなくなってしまった
 古の峠道。

 沢山の尽力でようやく完成したのに、はかない運命の峠道は、長井から新潟までの西山新道の歴史とそっくりです。

 そんな古のロマンを感じながら、歩いた感動の6時間半。
 okusann本当にありがとうございました。

スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

No title * by ゆうゆう
こういった道って、まだまだ沢山ありそうですねー
曽於道を探して歩く山旅、なかなか良さそうですね~

No title * by maro7
最高の日和で辿れましたね。
でも、一緒できなくて残念。(笑)
次は、小新川山から宮城へ通ずれば最高ですね。
水分の河川争奪地形は、わかりましたか。

No title * by トシヒコ
> ゆうゆうさん
そうなんですよね~
ただ、藪なんですけどね・・・

No title * by トシヒコ
水分の河川争奪地形は、わかりましたか。
って何ですか?
そんないわくが有ったら是非知りたいです。

No title * by ジョリー
このようなアドベンチックな昔の
廃道巡り、男のロマンを感じます。
全くの道型をとどめてなかったり、
当時の面影を発見したり、
やりがいありそうです。

No title * by nadeshikokobuta
okusanのブログでも拝見しましたが可成りハードなアドベンチャーですね…
古には道があったけど今は道なき道を進む男子!
体力がないとできませんが浪漫ですね

No title * by akiはamebaブログへ
昔の旧街道を作った人々には、ホント、敬服しますよね~。

以前、トシヒコさん達と歩いた一面ニッコウキスゲの流石山にある大峠も、日光と会津を結ぶ旧街道だったんですよね~。よくあそこに馬車が通る道を通したものだと感心します。

No title * by itomotomu
相変わらずすごい所を歩いてますね~!
山形の山マイスターですね^^

No title * by トシヒコ
> ジョリーさん
そうなんですよね~
昔の人の苦労が感じられました。

No title * by トシヒコ
> nadeshikokobutaさん
確かに、体力入りますよね~

No title * by トシヒコ
> akiさん
そうですよね~
昔の人は、かなりの悪条件でも歩いたんでしょうね・・・・

No title * by トシヒコ
> itomotomuさん
そんなことないですよ…・
まだまだです。

No title * by ぴんぴんころり
私も2016年11月22日に横澤から県境にあげて、832m地点まで小山田新道の一部を歩いて来ました。駒新道同様藪化していくのが残念です。ところで980.9m地点山名船倉山(三等三角点・点名ワッ倉)までは行けるのでしょうか?三角点があるから明治時代に石標を設置しに当時どこから揚げたのでせうか・・・?

No title * by トシヒコ
> ぴんぴんころりさん
流石ですね~
私はこの辺は良く解らないのでmaro7さんかokusannにお伺いしてみてはいかがでしょうか。
maro7さんはこの上の方にコメント載せて頂いています。
okusannは
http://blogs.yahoo.co.jp/okusan2005/55827323.html
です。
お力になれずすみません。
今度私も連れて行ってください。

Comment-close▲

コメント






管理者にだけ表示を許可

No title

こういった道って、まだまだ沢山ありそうですねー
曽於道を探して歩く山旅、なかなか良さそうですね~
2015-11-18-21:17 * ゆうゆう [ 返信 * 編集 ]

No title

最高の日和で辿れましたね。
でも、一緒できなくて残念。(笑)
次は、小新川山から宮城へ通ずれば最高ですね。
水分の河川争奪地形は、わかりましたか。
2015-11-18-22:45 * maro7 [ 返信 * 編集 ]

No title

> ゆうゆうさん
そうなんですよね~
ただ、藪なんですけどね・・・
2015-11-18-23:04 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

水分の河川争奪地形は、わかりましたか。
って何ですか?
そんないわくが有ったら是非知りたいです。
2015-11-18-23:05 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

このようなアドベンチックな昔の
廃道巡り、男のロマンを感じます。
全くの道型をとどめてなかったり、
当時の面影を発見したり、
やりがいありそうです。
2015-11-18-23:26 * ジョリー [ 返信 * 編集 ]

No title

okusanのブログでも拝見しましたが可成りハードなアドベンチャーですね…
古には道があったけど今は道なき道を進む男子!
体力がないとできませんが浪漫ですね
2015-11-19-09:14 * nadeshikokobuta [ 返信 * 編集 ]

No title

昔の旧街道を作った人々には、ホント、敬服しますよね~。

以前、トシヒコさん達と歩いた一面ニッコウキスゲの流石山にある大峠も、日光と会津を結ぶ旧街道だったんですよね~。よくあそこに馬車が通る道を通したものだと感心します。
2015-11-19-16:01 * akiはamebaブログへ [ 返信 * 編集 ]

No title

相変わらずすごい所を歩いてますね~!
山形の山マイスターですね^^
2015-11-20-20:15 * itomotomu [ 返信 * 編集 ]

No title

> ジョリーさん
そうなんですよね~
昔の人の苦労が感じられました。
2015-11-20-21:23 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

> nadeshikokobutaさん
確かに、体力入りますよね~
2015-11-20-21:26 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

> akiさん
そうですよね~
昔の人は、かなりの悪条件でも歩いたんでしょうね・・・・
2015-11-20-21:50 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

> itomotomuさん
そんなことないですよ…・
まだまだです。
2015-11-20-21:52 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

私も2016年11月22日に横澤から県境にあげて、832m地点まで小山田新道の一部を歩いて来ました。駒新道同様藪化していくのが残念です。ところで980.9m地点山名船倉山(三等三角点・点名ワッ倉)までは行けるのでしょうか?三角点があるから明治時代に石標を設置しに当時どこから揚げたのでせうか・・・?
2017-01-20-21:22 * ぴんぴんころり [ 返信 * 編集 ]

No title

> ぴんぴんころりさん
流石ですね~
私はこの辺は良く解らないのでmaro7さんかokusannにお伺いしてみてはいかがでしょうか。
maro7さんはこの上の方にコメント載せて頂いています。
okusannは
http://blogs.yahoo.co.jp/okusan2005/55827323.html
です。
お力になれずすみません。
今度私も連れて行ってください。
2017-01-21-19:25 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]