山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  東北の山 >  氾濫原~大倉山~北泉ヶ岳~スプリングバレースキー場 №2

氾濫原~大倉山~北泉ヶ岳~スプリングバレースキー場 №2

氾濫原~大倉山~北泉ヶ岳~スプリングバレースキー場周回 №2

前回は、感動的な氾濫原~大倉山まで紹介させて頂きましたが、今回はそれ以降の山行記録の紹介です。

12:10 大倉山山頂を出発
  正確には、大倉山山頂がどこにあるのか解りませんでした。標識や看板が見つけられなかったんです。
 山頂付近にある看板です。                   ※ 拡大可



12:15 種沢林道分岐
  ここから降りていくと、種沢林道に出て周回できそうでした。



ほとんど平たんに近い坂を登っていきますが、途中、大小さまざまのシロヤシオの木が有り、こちらはまだ蕾です。

私が驚いたのは、ドウダンの巨木が多い事。
下の写真の木なんか、山形県村山市の葉山に1000万ドルのドウタンが有るんですが、その株よりはるかに太い感じがしました。



12:45 桑沼展望台
  私が今回この山に来たかった理由の一つがこの風景なんです。
  コバルトブルーに輝く桑沼がアップされているのを見て、是非行ってみたいと思って来たんですが、あいにく今回はその色は見えませんでしたが・・・・・
  秋は紅葉と桑沼のコラボはとっても綺麗だと思いました



13:00 三峰山との分岐
  この分岐までは、だらだらとした平坦な登りが続きますが、ここからは北泉ヶ岳まで登山らしい登りの開始です。



タムシバの咲く登りを頑張って登ります。
山頂に近づくに連れ急になってきます。



13:30 北泉ヶ岳 1253m山頂
  30分間の登りはきつかったな・・・・
  せっかく登ったのに、山頂からの展望はあまり効きません。



14:00 分岐
  山頂からの下りは結構きついんです。
  泉ヶ岳駐車場から水神様を経由してきた登山道の分岐ですが、ここはサンカヨウの大群生地。



サンカヨウが最盛期。
  クマザサですべてを見ることはできませんが、かなりの広範囲であることがわかります。何百何千本が咲いています。



14:10 スプリングバレースキー場の分岐
  ※この分岐は目立たないので特に注意です。
  下手をすると、泉ヶ岳に行ってしまいます。



下って行くと、カツラの巨木が有りました
nadesikoさんから立ってもらいましたので、その太さがわかると思います。



14:35 スキー場
 スプリングバレーのゲレンデに出ました。両側の木に赤のマークが有ります。
 ここからのゲレンデ歩きが長いんですよね~



14:45 駐車場手前
  ゲレンデには沢山のユリが植えられていました
  ものすごく長く感じたゲレンデ歩きですが、まだ10分しか歩いていなかったんですね・・・・
   疲れていたんですね~



15:00 駐車場着
  歩き始めて 6時間
  今回二台で入口と出口に車を置いて歩きましたが、体力のある方には絶対お勧めのコースです。


帰宅途中の田んぼから撮った泉ヶ岳と大倉山です。




今回案内して頂いたnadesikoさんご夫妻、感動的な山行ありがとうございました。

これで、私のお試し登山は終了し次回からは、普通に登る自信が付きました。



スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

コメント






管理者にだけ表示を許可