山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  東北の山 >  福島県の山 >  那須連峰の旭岳と甲子山 №1

那須連峰の旭岳と甲子山 №1

那須連峰の福島県側に威風堂々とそびえる旭岳1835m と甲子山1549m
帰りに甲子峠に立ち寄ってきましたのでその報告です。

今回特に感動したのは、各山頂からの展望とヤシオツツジが満開だった事。


まずは甲子山への登山口から

8:00 甲子トンネル登山口発
  トンネル脇の駐車場は、両側とも緊急車専用となっているようでした。
  なので、甲子温泉大黒屋手前の駐車スペースに停めて歩いて行く事になります。
  
  登山口は、トンネル脇の建物のふちを回る感じで登山道に入っていきます。



8:03 大黒屋からの登山道と合流
  登山道に入って間もなく、大黒屋からくる登山道と合流します。
  大黒屋のほうが正規ルートの様です。



登山道は整備されていて、とても歩きやすいです。
途中、倒木にキノコが出ていましたが、食用かわからないので通過。
  写真を後でよく見たらシメジみたいですね~



9:00 猿ヶ鼻
  大きな九十九折で登ってくると、今度は平坦登山道へと変わっていきます。
  猿ヶ鼻は何でそんな名前になったのか想像もつきませんが、この辺りからアカヤシオやシロヤシオの花が満開で大感動です。



とにかく綺麗で、白と赤のコラボが素晴らしい。



登山道もヤシオトンネル状態。
 いったい何百本有るんでしょうか。殆どの木が満開なんです。
 高度を上げるに連れて、ムラサキヤシオとアカヤシオが混在してきます。



9:30 甲子峠分岐
  右に行くと1時間ほどで甲子峠に着きますが、今回は帰りに寄ることにして、左側の甲子山を目指します。



ヤマグルマ(トリモチの木)
飯豊連峰が北限と言われ、山形では倉出山でよく見られる木が、ここでは分岐から先の至る所で見られました。(これにもちょっと感動)



9:50 山頂直下の急登
  最初はなだらかだった登山道も、山頂直下になると急斜面へと変わっていき
鎖やロープが張られています。



9:52 甲子山山頂
  山頂からは、旭岳とその奥の三本槍をばっちり見ることができます。



山頂から北側には磐梯山
      南側は男体山も見えるんだそうです。


ここから先の旭岳以降は次回に紹介します。
感動はまだまだ続きました。










スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

コメント






管理者にだけ表示を許可