山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  月山・湯殿山 >  湯殿山登山

湯殿山登山

 月山ネイチャーセンターから石跳川を通り,白装束場を経由湯殿山山頂。
下山は東側へ降りてリュウキンカ広場経由のネイチャーセンターでした。
 
 所要時間は登り 2時間半 下り1時間です。
 
 カンジキはなくても登れますが,今日は使いました。

 弓張平から見た湯殿山です。


 石跳川のネイチャーセンターですが,まだしっかり雪囲いされています。


 川沿いを1時間ほど歩くと高いブナ林が終わり,展望が開けてきます。


 更に歩いていくと,沢歩きとなりますが,これが結構長く疲れます。


 雪で覆われた沢を進んでいくと白装束場の峠に出ますが,非難小屋は完全に雪の下。
優に3m以上は有るようです。
 そこから見た湯殿山ですが,今日は暖かいせいか,アイゼン無しで尾根伝いに登れました。


 普段はクラック(亀裂)が沢山出来ているのですが,数日前の新雪ですっかり埋まり,解らなくなっている所が沢山あって,とても危険でした。


 2時間半で山頂到着。山頂からは360度の展望・・。だったのですが,今日は靄がかかり余り遠くは見えませんでした。しかし,大朝日や月山山頂など肉眼で確認することは出来ました。

 帰りは,東側に降りブナ林を歩いてきました。ブナの二抱え以上の大木林はとても綺麗ですよ~。
 そんな中,面白いものを見つけましたのでアップしました。


 ↑の写真の中間と上に何かが有るの解りますか?

 そうです。熊さんの休憩場所です。数センチの枝は簡単に折り,それを敷き詰めて休憩場所を作っているのです。


 またこのコースの見所「リュウキンカ広場」の湿地帯はまだやっと雪が溶けたばかりで,ミズバショウの芽がようやく出てきたところでした。



 まだ,湯殿山への登山は可能ですが,だんだん亀裂が大きくなるので注意が必要になってきます。また,川もまだまだ雪に覆われ渡河はいたる所OK です。
スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

No title * by 山で会えたら
トシヒコさん、初めまして。
6枚目の写真ですが、真っ白な所がクラックに積もった新雪ですか?
やはり、もうクラックがあるんですね~。
降雪直後などで、見分けが着かなかったら、ホント危なそうですね。

No title * by runphokun
熊さんは、あんなに高いところで休むんですね。
初めて知りました。
冬眠から覚めた頃は要注意ですね。
気を付けてください。

No title * by ウィザード
冬眠から覚めた熊さんが一番最初に食べるのが、この水芭蕉ですね!

No title * by なおき
いよいよ、行動開始ですね(笑)

雄大な景色を、自宅で拝見でしまして感謝♪
このヒビ(クラック)怖い!この前に、降った雪が厄介でしょね~

鳥の巣かと思いましたが、まさか!熊の巣とは(汗)
初めて知りました^^;

No title * by トシヒコ
山で会えたらさん
そうです。写真で添付したところは雪の色が違うので分り易いのですが,真っ白い雪の面積が多い場所はまったく解らないところがあります。
抜かって初めて「あ!」と解る場合があるのでおっかなかったです。

No title * by トシヒコ
RANPOKUNNさん
リュウキンカ広場の周辺を歩くと,たまに見つけることが出来ます。
結構太い枝が折られているので,改めて熊さんのおっかなさが実感できます。

No title * by トシヒコ
ウイザードさん
そうなんでしょうかね~
場所によってはもう眠りから覚めたところもあるようなので,どうか会わないように祈るのみです。

No title * by トシヒコ
なおきさん
鳥の巣だといいんですが,熊さんだと思います。
枝がかなり太いんですよね~
リュウキンカ広場からの散策路が近くを通っていますので,おっかないですよね~

No title * by spv3mirosan
これほどの積雪のある山を登るのには、相当な経験がないと登れませんね。
私は定年近くなってトレッキングを始めたものですから、雪がないか、あっても数センチ程度の山にしか入りません。
入れないと言った方が正しいかもしれませんね。

No title * by トシヒコ
Mirosan
1度登った山は雪があろうとなかろうと結構行けるんです。
平地があると霧がかかったとき方向が解らなくなるのですが,この湯殿山は平坦地がないので,意外と楽なんです。

Comment-close▲

コメント






管理者にだけ表示を許可

No title

トシヒコさん、初めまして。
6枚目の写真ですが、真っ白な所がクラックに積もった新雪ですか?
やはり、もうクラックがあるんですね~。
降雪直後などで、見分けが着かなかったら、ホント危なそうですね。
2010-04-20-20:43 * 山で会えたら [ 返信 * 編集 ]

No title

熊さんは、あんなに高いところで休むんですね。
初めて知りました。
冬眠から覚めた頃は要注意ですね。
気を付けてください。
2010-04-20-22:45 * runphokun [ 返信 * 編集 ]

No title

冬眠から覚めた熊さんが一番最初に食べるのが、この水芭蕉ですね!
2010-04-20-23:12 * ウィザード [ 返信 * 編集 ]

No title

いよいよ、行動開始ですね(笑)

雄大な景色を、自宅で拝見でしまして感謝♪
このヒビ(クラック)怖い!この前に、降った雪が厄介でしょね~

鳥の巣かと思いましたが、まさか!熊の巣とは(汗)
初めて知りました^^;
2010-04-21-05:49 * なおき [ 返信 * 編集 ]

No title

山で会えたらさん
そうです。写真で添付したところは雪の色が違うので分り易いのですが,真っ白い雪の面積が多い場所はまったく解らないところがあります。
抜かって初めて「あ!」と解る場合があるのでおっかなかったです。
2010-04-22-18:20 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

RANPOKUNNさん
リュウキンカ広場の周辺を歩くと,たまに見つけることが出来ます。
結構太い枝が折られているので,改めて熊さんのおっかなさが実感できます。
2010-04-22-18:31 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

ウイザードさん
そうなんでしょうかね~
場所によってはもう眠りから覚めたところもあるようなので,どうか会わないように祈るのみです。
2010-04-22-18:33 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

なおきさん
鳥の巣だといいんですが,熊さんだと思います。
枝がかなり太いんですよね~
リュウキンカ広場からの散策路が近くを通っていますので,おっかないですよね~
2010-04-22-18:35 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

これほどの積雪のある山を登るのには、相当な経験がないと登れませんね。
私は定年近くなってトレッキングを始めたものですから、雪がないか、あっても数センチ程度の山にしか入りません。
入れないと言った方が正しいかもしれませんね。
2010-04-23-17:21 * spv3mirosan [ 返信 * 編集 ]

No title

Mirosan
1度登った山は雪があろうとなかろうと結構行けるんです。
平地があると霧がかかったとき方向が解らなくなるのですが,この湯殿山は平坦地がないので,意外と楽なんです。
2010-04-23-18:55 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]