山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  その他の趣味 >  峠道 >  イザベラバードが通った宇津峠と三島県令が作った宇津峠第二段

イザベラバードが通った宇津峠と三島県令が作った宇津峠第二段

イザベラバードが東洋のアルカディアと絶賛した宇津峠からの展望を紹介します。

少なくても5代に渡って宇津峠は道を変えて現在に至って(それだけ悪路なんです)いるのですが、前回は2代目の三島県令の作った廃道を紹介しましたが、今回は初代の宇津峠(歩き用)をご案内いたします。


13:20 TV塔への道との分岐
  三島新道切割(清明口)で遅めの昼食をとり、今度はイザベラバードが歩いた道である、初代の宇津峠を下って行くことにします。
  (赤丸は案内板)です。



13:40 TV塔が見える
  しっかりした林道を歩いてくると、先ほどの分岐から登って行くと有る、山の上の
TV塔が見えます。



13:50 イザベラバードの通った道
  林道の途中から初代宇津峠に入って行きます。
  「馬洗場」という史跡が有る(赤丸の標識)所に出るんですが、そこにはイザベラバードが通った道はこちらです。という看板が立っていますが今は全く整備されずに藪になっています。



14:00 宇津明神跡
  幕末に宇津峠を整備するとき、駆り出された人足総勢18500人もいたんだそうですがその時代は明神様があったようです。
  このすぐ下に「お助け茶屋跡」もあり、峠として人々が行き交っていたであろう雰囲気が漂ってきます。



14:05 3代目の宇津峠道の掘割
  3代目の宇津峠道(車道)として作られた掘割。
  したがって、初代のイザベラバードが歩いた峠道は削られ無くなってしまったため、今回は掘削された斜面を左から右へ上り下りして歩いてきました。
  赤丸は、宇津峠の看板です。



急斜面の掘割を上がらなくても、南側に出たところに峠道が整備されていますので皆さんで行くときは、そちらを歩いてください。
 ここからのイザベラバードの峠道はよく整備されています。



14:15 アルカディアの眺め
  イザベラバードが新潟県から13峠を越え雨の中歩いてきて、飯豊盆地の散居集落の風景を見た時、いたく感動し東洋のアルカディアと絶賛したといわれる風景ですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  そんな感じしますか



  説明写真ともちょっと違っていますが、昔の道路はここで良いのかな・・・・



14:20 3代目道路と合流
  峠道を下ってくると3代目の宇津峠車道と合流します。
  三島新道は馬車道で3代目で初めて車道になったようです。



しかし、こちらも急斜面を通るため維持管理が大変だったようです。
この雪崩防止版は、この下を通る4代目道路を守るため作られたのかもしれません。



これが当時の写真です。
幾度となく崩落が有ったと思われます。



14:35 石垣調査場所
  昔の石積が貴重な歴史遺産ではないかと、現在調査が行われていました。
 土の下かなり深い所から積まれていました。
  しかも土の中は積み方が違っているんです



14:50 4代目宇津峠
  4代目の宇津峠トンネル手前に出てきました。
  さすが舗装され近代的な道路ですよね~
  ここから先100mのトンネルは、こちらから行くと歩けるんです。



14:55 駐車場着
  車道を100mくらい歩くと駐車場です。
  歴史観満載の今回の峠道探検でした。
  しかし、疲れましたね~
  更に、ストックの先が藪漕ぎをしているとき転倒し折れ、ズボンは破けてしまうわで、大変苦労した探検だったのですが、それにも勝る大収穫でした。



案内して頂いたokusan本当にお疲れ様でした。
そしてありがとうございました。





スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

No title * by はたぼー
おはようございます。
今日から6月。
今月もよろしくお願いします!

藪こぎおつかれさまでした!

No title * by 瀑やん
怪我が無くって良かったです。

No title * by きださん
旧道探査お疲れ様でした。今回のルートをぜひ略図でお願いします。バードがアルカデアといったのは散居集落を見ていったんですか?それにしても新潟との間の旧峠は13もあるんですね。昔日のロマンを求めて、いいですね。続いての峠道の紹介待ってます。

No title * by step1248
歴史探訪、お疲れさんでした、それにしてもお二人共マニアックですね~、良いと思います。
山に囲まれた宿命でしょうか、先人達はそこまでして、何とか生命線を通し、守って来たんですね。

No title * by nadeshikokobuta
お二人ならでは…
良く調べて、好きじゃなきゃ…😅
お疲れ様でした!

No title * by トシヒコ
> はたぼーさん
こちらこそよろしくお願いいたします。

No title * by トシヒコ
> 瀑やんさん
それが一番ですね~

No title * by トシヒコ
> きださんさん
廃道は付かれますよ・・・・
体力つけないと新道です。

No title * by トシヒコ
> step1248さん
そうなんですよね~
素晴らしい事だと思いました。

No title * by トシヒコ
> nadeshikokobutaさん
ほんと、okusannには凄いと思います。

No title * by ひらさん
こんな歴史探訪も味があって良いですね~♪

No title * by トシヒコ
> ひらさんさん
そうなんですよね~
疲れますがね・・・・

No title * by ジョリー
歴史のロマン探訪、こういうのいいですね。好きです。藪の中に昔の遺構が垣間見えましたね。

No title * by トシヒコ
> ジョリーさん
そうですよね~
結構好きなんです。

Comment-close▲

コメント






管理者にだけ表示を許可

No title

おはようございます。
今日から6月。
今月もよろしくお願いします!

藪こぎおつかれさまでした!
2016-06-01-06:18 * はたぼー [ 返信 * 編集 ]

No title

怪我が無くって良かったです。
2016-06-01-06:25 * 瀑やん [ 返信 * 編集 ]

No title

旧道探査お疲れ様でした。今回のルートをぜひ略図でお願いします。バードがアルカデアといったのは散居集落を見ていったんですか?それにしても新潟との間の旧峠は13もあるんですね。昔日のロマンを求めて、いいですね。続いての峠道の紹介待ってます。
2016-06-01-09:48 * きださん [ 返信 * 編集 ]

No title

歴史探訪、お疲れさんでした、それにしてもお二人共マニアックですね~、良いと思います。
山に囲まれた宿命でしょうか、先人達はそこまでして、何とか生命線を通し、守って来たんですね。
2016-06-01-10:06 * step1248 [ 返信 * 編集 ]

No title

お二人ならでは…
良く調べて、好きじゃなきゃ…😅
お疲れ様でした!
2016-06-01-11:32 * nadeshikokobuta [ 返信 * 編集 ]

No title

> はたぼーさん
こちらこそよろしくお願いいたします。
2016-06-02-07:49 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

> 瀑やんさん
それが一番ですね~
2016-06-02-07:53 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

> きださんさん
廃道は付かれますよ・・・・
体力つけないと新道です。
2016-06-02-07:55 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

> step1248さん
そうなんですよね~
素晴らしい事だと思いました。
2016-06-02-08:03 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

> nadeshikokobutaさん
ほんと、okusannには凄いと思います。
2016-06-02-08:05 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

こんな歴史探訪も味があって良いですね~♪
2016-06-02-09:50 * ひらさん [ 返信 * 編集 ]

No title

> ひらさんさん
そうなんですよね~
疲れますがね・・・・
2016-06-02-20:37 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

歴史のロマン探訪、こういうのいいですね。好きです。藪の中に昔の遺構が垣間見えましたね。
2016-06-03-12:28 * ジョリー [ 返信 * 編集 ]

No title

> ジョリーさん
そうですよね~
結構好きなんです。
2016-06-04-07:33 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]