山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  その他の趣味 >  花々 >  バンダイクワガタを見に磐梯山へ

バンダイクワガタを見に磐梯山へ

バンダイクワガタと言う磐梯山にしか生息していない花を見に行ってきました。

誘ってくれたのは、長野県のひらさんとおっしゃるブロ友さん。

裏磐梯スキー場に集合し、銅沼(あかぬま)経由で山頂を目指し、帰路は櫛ヶ峰鞍部
経由で火口原を通ってくるコース。

案内して頂いたのは地元のアカリンゴさん。

今回は、第一弾として花の紹介から。

スキー場で咲きだした
  コーリンタンポポ(アカリンゴさんから教えて頂いたんです)
    櫛ヶ峰辺りはまだ蕾。

※ とっても鮮やかで綺麗でしたね~

コケイラン
 これもアカリンゴさんから教えて頂きました。
 何株も見ることができました。



ベニバナイチヤクソウ
  これは、所々に群生していて、こんなに沢山出ていたのは初めて見たかも。



レンゲツツジ
  色鮮やかでとっても目立っていました。



ミヤマオダマキ
  弘法清水小屋の手前に3株ほど咲いていました。



ハクサンチドリ



○○フウロ?
山頂に沢山咲いていたんですが、ハクサンフウロみたいに紫色していないんですよね~




アカモノ
  ほとんど終わりです。
  奇跡的に残っていたといってもいいかも・・・



アズマギク
弘法清水から櫛ヶ峰までのガレ場に何株も咲いていましたが、こちらも終わりです。



シラタマノキ
  火口原では、一面ジュータンの様にこの木が生えています。
  まだ、咲始めと言った感じです。



これは何という名前なんでしょうか?
バライチゴの一種なんですが・・・・
火口原の林の中に群生し赤い実をつけるんです。

マルバフユイチゴ(ナデシコさんから教えて頂きました)だそうです。
 いつも教えて頂きありがとうございます。


バンダイクワガタ
  第一の目的発見!
  山頂から、櫛ヶ峰鞍部までに沢山群生し咲いていましたが、先っぽの1割ほどしか花が残っていませんでした。
  最盛期は斜面が紫色になるとのことでしたが、1週間ほど遅かったようです。



ミヤマキンバエとバンダイクワガタの競演
  蔵王のコマクサの様に草が殆ど生えないような、砂地に真っ先に咲くのがこの花の特徴の様ですが、時にはこんな光景も。



今まで、何度か磐梯山には登りましたがここにしか咲いていないバンダイクワガタ
を初めて見ることができ感激して帰ってきました。

お誘いを頂いたひらさん。
そして下見登山までして、案内をしていただいたアカリンゴさん

本当にありがとうございました。

次回は、山行記録をアップします。





スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

コメント






管理者にだけ表示を許可