山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  山形の山収納 >  上山六峰縦走 虚空蔵山 №2下り編

上山六峰縦走 虚空蔵山 №2下り編

前回は、上山六峰縦走の虚空蔵山登り編を紹介しましたが、今回は下り編を紹介します。

虚空蔵山は356mと低山なんですが、山頂に有る高楯城は1600年の長谷堂合戦の時、上杉軍と最上軍が戦って唯一最上軍が勝利した難攻不落の名城でもあったんだそうです。

その険しさの山容はこんな感じ。




  山頂に有った城跡の説明看板です。
  拡大して見て下さい。
   特に、赤丸で書いた所の「ハゴロモノナナカマド」は突然変異でできた
 日本に一本しかない奇木なんだそうですが、直径10センチくらいしかない一見大したことのない木で目立たないんですよね~。(柵で囲われていますが・・・)



14:40 山頂下山
  山頂西北側に登山口が有りましたので、そちらに降りてみる事に。
 このコースは看板の文字もはっきりしないほか、登山道も明瞭ではありません・・・・



14:43 最初のT字路
  最初の曲輪でちょっと平坦な所に出ます。
  右側に行くと、羽衣のナナカマド(全く道跡は有りません)
  今回は、左側に行きます。



14:45 看板
  空堀とタコツボの看板。
  ここから少し進むと、大きな空堀が有ります。



↑の看板から直ぐに、左側に大きな空堀が有り「主郭一号空堀」と書いてあります。



14:46 わかりずらい分岐
  タコツボと北平との分岐です。
  朽ちた看板が、分岐の脇に転がっていました。
  気を付けないと見過ごしてしまう分岐と看板です。



14:50 白土平(メインの登山道と合流)
  ようやくメインの登山道と合流して一安心です。



↑合流点とほぼ同じ所に登って来た道と、下る道が有りますので、今度はこちらの道を下って行きます。
  一般的にはこちらが正面の登山道になります。



14:55 登山道入り口
  登山道入り口には大きな看板が設置され、高楯城の歴史や城跡の作りが説明されています。
  右側に行くと登りに使った登山口に行きます。



ここから真っすぐ国道まで行って周回するコースもあるんですが、今回新たにショートカットのコースを発見しました。かなりの節約コースでしたよ~
 赤線がそのコースです。



15:00 駐車場と節約コース入り口
  登山口から真っすぐ東に降りてくると、大きな空堀が有りそこを抜けると最初の民家が有ります。
  その奥が駐車場になっていますが、その西側にショートカットコースのは入口が有りました。



堰伝いに歩いて行くと堰堤が見えてきますので、その手前から左側に登って行きます。




堰堤を越えたら階段が有ります。



堰堤から100mくらい歩くと、渡河地点。



川を渡って県道まで登った所が駐車場手前50m地点



15:10 駐車場
  虚空蔵山周回は、色んな所を眺めながら1時間ちょっとあれば周回ができるとっても面白い所でした。




この山は、10年以上前に一度だけ登った事が有ったんですが、環境が大きく変わっていてびっくりしました。

ただ、歴史的に大変貴重なものが沢山あるので詳しい方と一緒に登ると10倍面白い山かと思います。

上山市のクアオルト 早朝散策会に参加して教えて頂くのもいいかもしれないと思いました。








スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-11

No title * by step1248
お早うございます。
登山を兼ねた地元一帯の歴史探索、奥が深いですね~。
関ケ原の時、最上と上杉も戦っていたんですね、知りませんでした。

No title * by トシヒコ
> step1248さん
その時に、我が先祖が山奥に逃げて落人部落を作ったんです・・・。

No title * by ジョリー
低山ながら端正な山容の山ですね。山城で名城だったのですね。

日本に一本しかない奇木、貴重ですね。

No title * by トシヒコ
> ジョリーさん
そうなんですが、なんたって細いんですよね・・・・

Comment-close▲

コメント






管理者にだけ表示を許可

No title

お早うございます。
登山を兼ねた地元一帯の歴史探索、奥が深いですね~。
関ケ原の時、最上と上杉も戦っていたんですね、知りませんでした。
2016-10-22-07:54 * step1248 [ 返信 * 編集 ]

No title

> step1248さん
その時に、我が先祖が山奥に逃げて落人部落を作ったんです・・・。
2016-10-23-07:40 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

低山ながら端正な山容の山ですね。山城で名城だったのですね。

日本に一本しかない奇木、貴重ですね。
2016-10-24-20:27 * ジョリー [ 返信 * 編集 ]

No title

> ジョリーさん
そうなんですが、なんたって細いんですよね・・・・
2016-10-24-23:02 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]