山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  その他の趣味 >  防災関係 >  身近な物で作る防災グッズ ずぶ濡れになった時

身近な物で作る防災グッズ ずぶ濡れになった時

身近な物で作る防災グッズ 第三弾 新聞紙とゴミ袋で保温編です。
 
今回も山形市民防災センターで教えてもらったものです。

 ぶぬれになった時の、家庭用ゴミ袋と新聞紙を使った応急処置法

準備するものは、35ℓ用ゴミ袋と新聞紙1枚



新聞を横にして、片方だけ半分に折って、次に縦に半分に折ります。
そして、頭が入る大きさに破きます。



頭を通して、もう一つ背中の方を作ります。
女性や子供は、新聞の真ん中を切り抜いてOKです。



前と後ろにかぶります。
 写真では服を着ていますが、実際は濡れた体を拭き裸にこの新聞をかぶります。



ゴミ袋の頭の部分と両手の部分に穴を開け、頭と両手を通して終了です。
写真では、わきの下がきつくなっていますが、もう少し腕の空間を大きめに切ると楽になります。
 女性や子供は20ℓのゴミ袋でOKです。



これは、保温用の新聞です。
くちゃくちゃにした後、下着の上から体に回します。
 但し、新聞は81cmしかないので、それ以上の胸囲の方はもう一枚+かな?
 1枚だけでも十分ですがね・・。



実際に使ってみると色んな事が分かってきますよね~






スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-11

コメント






管理者にだけ表示を許可