山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  虚空蔵岳 >  虚空蔵岳 展望抜群の山

虚空蔵岳 展望抜群の山



庄内町の立谷沢川を奥に行くと、とっても展望が素晴らしい虚空蔵岳1090mの山が有るんです。

 あまり知られてはいない山なんですが、社会勉強でのダムの作りや俯瞰で見る地図の見方がとっても楽しくなる様な山でした。

8:00 立谷沢第一発電所前駐車場発
  車10台は駐車可能です。
  車を止めた直ぐの所から土手を登って導水管脇に向かいます。



発電所に通ずる導水管脇を登って行きますが、これがまたきつい!
写真ではたいしたことないようですが、かなりの急斜面です。



8:20 一旦林へ
  導水管用トンネルがある所から、一旦杉林の入って迂回して、更に上の導水管脇を登ります。



8:30 導水管終点
  ようやく山の尾根を登って行くことになります。
  緩やかな斜面を登ったり、やせ尾根を歩いたり、目まぐるしく変わる風景。



9:50 庄内平野の展望
  とっても急峻な坂もあったりするんですが、どうにか尾根伝いに登って行くと、感動的なビューポイントが何ヶ所も現れます。
  ↓これは、湯の沢岳や金峰山、摩耶山の連山を眺めた所で、右側は日本海。



10:00 ようやく目的の山頂が見えてきました。
  だいぶばて気味でようやくここまで来ましたが、この展望を見たらがぜん疲れが吹き飛んで、先へと急ぎたくなりますが・・・・・
 左の斜面が、これまたきつい直登。                    ※拡大可



10:20 第一のピーク
↑上の写真左側のピークから眺める鳥海山やそこまで伸びる山々が庄内平野と新庄盆地を分ける分水嶺です。
  当然、日本海もばっちり。                      



↑上の写真のピークから一旦下って、登り返し。
  これもまた厳しい登りです。
  雪が固くて、アイゼン・ピッケルが有ると安心。



11:00 第二のピーク
  こちらも360度の大パノラマ。火打岳1033mも間近に見る事が出来ます。
  先行者の新潟県のご夫妻さんが6時出発で往復されていました。



こちらは、虚空蔵岳と火打岳の位置関係

 ↓火打岳                                ↓虚空蔵岳



第二のピークで休憩した後は、目的の山頂へと向かいます。
 結構凍っているし、急なのでかなりビビりました・・。



たいしたことないかと思っていたクラックが延々と隠れていました。
青い線がクラックが走っている所。
  ストックで突いて、ひび割れの深さと幅を確認



11:30 山頂着
 所要時間 3時間30分

 第一のピークから、それぞれの山頂近くは新雪が10cmで下がアイスバーン
 そして急斜面と来たので、通過するのにかなりの体力と危険が伴っていて、スノーシューで来ればよかったと大いに反省。



山頂から360度の展望で大感動。
 月山と、いつか下りたい追立山の稜線を眺めます。



14:10 駐車場着
  往復の所要時間 6時間ちょっと

概要の地図です。


 
 いや~
 きつい山でしたが、眺めは最高で夏道がないのがとても残念です。
 この山に行く時はアイゼン・ピッケルも持参すると安心です。
 
ただ、昼過ぎの帰りは雪が抜かるんでそれほど危険は感じませんでした。

案内して頂いたHさん、感動的な山行。本当にありがとうございました。






スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-11

No title * by aru*us*mi*o
突然失礼いたします。緊急告知情報です。今、地球は、有史以来の危機に直面しています。国民の命を守る為にどうしても、必要なので
「シオン」の広告をいたします。現在、太陽系が10万度のプラズマベルトに突入しようとしており、その為に、太陽系に数万機のマザ
ーシップ円盤が、久遠の教主(五井野博士)に学ぶべく集結しています。博士は、人類に福音をもたらす多くの発明(例えば、放射能遮
蔽・濾過99%のナノホーンや風邪より、早く癌を治すGOP(五井野プロシジャー)、豊かで、税金を必要としない、自然環境を取り
戻す社会作りに貢献するフリーエネルギーシステムや円盤も実用化できていました。)をされてこられましたが、反・法華勢力、朝鮮カ
ルト「創価学会」偽ユダヤに妨害され、国民がその恩恵に浴せずいます。日本はこのままでは、核戦争に突っ走っていくでしょう。それ
を防ぐには「シオン」の下でカルマの解消(一念三千の法門の要諦・朝鮮カルト「創価学会」など反・法華勢力糾弾、解散運動)をしな
ければ、地上の全ての生き物は滅ばざる得ないのです。五井野博士を応援していきましょう。 by インタ

No title * by 東北の温泉バカ
これは感動でしょうが、私には恐怖かな!!
それにしても、恐怖を煽るようなコメントが
入っていますネ~!!

No title * by みー猫
こんにちわ。
すごいですね!山頂手前の鞍部は針のようなエッジに見えますが、どうやって通過されたのですか?展望も素晴らしいです。お疲れ様でした〜。
みー猫

No title * by kiyo兵衛
いや~とても素晴らしい眺めですね。
郡山も早朝からボンボン雪が降り続けています。
金峰山、麻耶山など庄内地方の山々も見れてとても綺麗ですね。
今年も安全に登山を楽しんでください♪

No title * by カブ
おおっ~クラックですが~そろそろやばい時季に入っていましたね~
それにしてもいい景観ですなぁ~(^_^)/

No title * by step1248
わぁ~! とても1000mとは思えない絶景ですね。
山頂へ至るまでの厳しそうな景観も臨場感があります。

No title * by ジョリー
これぞ雪山の光景、素晴らしい稜線、素晴らしい景色です。雪の上の痩せ尾根の通過がかなり怖そうです。体力と経験がないと登れなそうな山ですね。流石です。

No title * by トシヒコ
> aru*us*mi*oさん
なるほどね~

No title * by トシヒコ
> 東北の温泉バカさん
そうなんですよね~

No title * by トシヒコ
> みー猫さん
いや~おっかなかったですが頑張りました。

No title * by トシヒコ
> kiyo兵衛さん
ありがとうございます。
頑張ります。

No title * by トシヒコ
> カブさん
クラックおっかないですよね~

No title * by トシヒコ
> step1248さん
ほんと、1000m級の山とは思えませんでした。

No title * by トシヒコ
> ジョリーさん
ほんとビビりながら登りました。

Comment-close▲

コメント






管理者にだけ表示を許可

No title

突然失礼いたします。緊急告知情報です。今、地球は、有史以来の危機に直面しています。国民の命を守る為にどうしても、必要なので
「シオン」の広告をいたします。現在、太陽系が10万度のプラズマベルトに突入しようとしており、その為に、太陽系に数万機のマザ
ーシップ円盤が、久遠の教主(五井野博士)に学ぶべく集結しています。博士は、人類に福音をもたらす多くの発明(例えば、放射能遮
蔽・濾過99%のナノホーンや風邪より、早く癌を治すGOP(五井野プロシジャー)、豊かで、税金を必要としない、自然環境を取り
戻す社会作りに貢献するフリーエネルギーシステムや円盤も実用化できていました。)をされてこられましたが、反・法華勢力、朝鮮カ
ルト「創価学会」偽ユダヤに妨害され、国民がその恩恵に浴せずいます。日本はこのままでは、核戦争に突っ走っていくでしょう。それ
を防ぐには「シオン」の下でカルマの解消(一念三千の法門の要諦・朝鮮カルト「創価学会」など反・法華勢力糾弾、解散運動)をしな
ければ、地上の全ての生き物は滅ばざる得ないのです。五井野博士を応援していきましょう。 by インタ
2017-03-27-09:27 * aru*us*mi*o [ 返信 * 編集 ]

No title

これは感動でしょうが、私には恐怖かな!!
それにしても、恐怖を煽るようなコメントが
入っていますネ~!!
2017-03-27-10:44 * 東北の温泉バカ [ 返信 * 編集 ]

No title

こんにちわ。
すごいですね!山頂手前の鞍部は針のようなエッジに見えますが、どうやって通過されたのですか?展望も素晴らしいです。お疲れ様でした〜。
みー猫
2017-03-27-12:41 * みー猫 [ 返信 * 編集 ]

No title

いや~とても素晴らしい眺めですね。
郡山も早朝からボンボン雪が降り続けています。
金峰山、麻耶山など庄内地方の山々も見れてとても綺麗ですね。
今年も安全に登山を楽しんでください♪
2017-03-27-13:39 * kiyo兵衛 [ 返信 * 編集 ]

No title

おおっ~クラックですが~そろそろやばい時季に入っていましたね~
それにしてもいい景観ですなぁ~(^_^)/
2017-03-27-17:31 * カブ [ 返信 * 編集 ]

No title

わぁ~! とても1000mとは思えない絶景ですね。
山頂へ至るまでの厳しそうな景観も臨場感があります。
2017-03-27-19:04 * step1248 [ 返信 * 編集 ]

No title

これぞ雪山の光景、素晴らしい稜線、素晴らしい景色です。雪の上の痩せ尾根の通過がかなり怖そうです。体力と経験がないと登れなそうな山ですね。流石です。
2017-03-29-04:51 * ジョリー [ 返信 * 編集 ]

No title

> aru*us*mi*oさん
なるほどね~
2017-03-30-08:16 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

> 東北の温泉バカさん
そうなんですよね~
2017-03-30-08:16 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

> みー猫さん
いや~おっかなかったですが頑張りました。
2017-03-30-08:17 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

> kiyo兵衛さん
ありがとうございます。
頑張ります。
2017-03-30-08:18 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

> カブさん
クラックおっかないですよね~
2017-03-30-08:18 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

> step1248さん
ほんと、1000m級の山とは思えませんでした。
2017-03-30-08:19 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

> ジョリーさん
ほんとビビりながら登りました。
2017-03-30-08:19 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]