山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  その他の趣味 >  月山 県立自然博物園 散策

月山 県立自然博物園 散策

月山の中腹にある県立自然博物園に友人と行ってきました。


月曜日は休館なので、自分たちで自由に散策です。
今回歩いたのは、↓の案内板の赤い線です。
所要時間は3時間でした。




駐車場は、休館日なのに20台以上で満車状態。道路まであふれています。
理由は、タケノコ採りの方々です。



月山の湧水
 地下を流れ、ここでモクモクと湧き出しています。
 飲んでみては、私はあまり・・・・・・
 



ブナ林の中には、こんなに太いトチの木の巨木などもあるんです。



こちらは、野鳥観察小屋
 この奥に、周海沼が有ります。



周海沼は今の時期、雪解け水で透明度が有り、いい雰囲気です。



大門海沼
  ここから姥沢駐車場まで歩いて行く事が出来ます。
  葉っぱが少ない今の時期は、沼が良く見えますが、今後は視界が遮られ、こんなには見られなくなります。



まだまだ残雪が多くあるこのコースでは、水芭蕉は見ごろの所が沢山です。



こちらは、首無し地蔵
  昔は、街道沿いにあって建て物が有ったんでしょうね~



ここは、右に行くと装束場。途中沢山のタケノコ採取場が有るんですよね~
今回は、散策目的なので左に行きます。



橋を渡って、右に行くとリュウキンカ広場です。
左に行くと水場が有って一般的な登山道です。



カワクルミ沼
  登山道から若干ずれているので、注意しないと見過ごします。
  こちらも水量が多く見ごたえが有ります。



リュウキンカ広場
  残雪期は、ここの広場にお尻の穴のような穴が二つ開き、それが徐々に広がって、水芭蕉やリュウキンカが咲きだす、とっても魅力的な所なんですよね~



最後に、また橋を渡ってサワグルミ広場に戻って登山道と合流。
ここまでくると、ネイチャーセンターは間もなくです。



今回同行して頂いた友人は、目的が植物鑑賞だったので、私の趣味と少しかぶる所が有ったんですが、公園内に点在する湖沼群にはあまり興味はなかったようでした。

写真の撮る場所が違うって、新鮮な感じがし面白かったですよ~



スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-11

コメント






管理者にだけ表示を許可