山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  吾妻連峰 >  谷地平・東吾妻登山 (№2)

谷地平・東吾妻登山 (№2)

 №1で紹介し切れなかった写真を掲示しました。
花々は№3で紹介します。

谷地平の非難小屋です。



谷地平の湿原。池溏と黄色いキンコウカです。



谷地平から1時間ほど登っていくと,鳥居がありますが,そこから登山道から離れ直登コースを5分位登るとようやく山頂です。
 山頂の祠の後ろ側のコメツガの間からのぞく谷地平は意外と良かったですよ~


 東吾妻山頂から景場平に降りるコースは段差が大きく所々梯子が掛けてありました。


 景場平の湿地帯は,池溏が大きく,中には「これって自然?」と思うようなものがありました。


この沼の真ん中にある1mほどの石の上に,かっこよく松が載っているんです。


有料道路を横断し「鳥子平」に着きますが,ここは,車道から100mくらいの所に湿原があるので,谷地平まで2時間を掛け行かなくても,十分楽しめます。



 今回最も感動した桶沼近くの「吾妻小屋」です。




 素泊まり5,000円 1泊2食7,500円?だそうです。

吾妻の花々は明日№3で紹介します。
スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

No title * by -
稲荷神社から覗けるんですね。
私たちはガスってきてましたので先を急ぎました。残念。
吾妻小屋にゆっくり泊まって散策もいいかも。イチ

No title * by トシヒコ
タユイチさん
調度,祠の後のポールなんかが置いてある所から,首だけ出るような感じで,眺められました。
所で,なんであの山に神社があるんでしょうね・・・・
つくづく不思議に思ってきました。

Comment-close▲

コメント






管理者にだけ表示を許可

No title

稲荷神社から覗けるんですね。
私たちはガスってきてましたので先を急ぎました。残念。
吾妻小屋にゆっくり泊まって散策もいいかも。イチ
2010-07-25-06:25 * - [ 返信 * 編集 ]

No title

タユイチさん
調度,祠の後のポールなんかが置いてある所から,首だけ出るような感じで,眺められました。
所で,なんであの山に神社があるんでしょうね・・・・
つくづく不思議に思ってきました。
2010-07-25-06:28 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]