山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  その他の趣味 >  峠道 >  関山の峰渡コース縦走

関山の峰渡コース縦走

東根市と仙台を結ぶ大動脈の国道48号 関山街道

その初代峠道の「峰渡コース」をブロ友のokusanに案内していただきました。

平成30年8月25日 7時半に天童道の駅で待ち合わせ、二台で向かいます。

私の車を山形側に置いて、もう一台で関山トンネルを抜け500mほど下ったスノーシェット近くの駐車スペースに置きます。

7:50 駐車場発
  スノーシェット手前の広いスペースから脇に入っていきます。
  鉄柵をまたぐと意外にも道が下刈りされていました。


直ぐに川を渡ります。
 渡った後も、江戸時代に使われていた峠道らしい雰囲気の道を歩いていきます。


8:00 関山隧道殉職者慰霊塔
  明治初期に二代目の関山街道工事中、作業員のタバコがダイナマイトに引火爆発し何名か殉職したそうなんですがその慰霊塔が有るんです。
  ここを過ぎると急登が待っています。


8:15 旧関山街道着
  急峻な坂を直登すると、二代目の関山街道に到着です。
  ここはまっすぐ登ってもいいんですが、安全のため維持管理している方々の設置してくれた梯子利用のため、西側に100mほど進んでいきます。


梯子を使って登っていきます。
 登って間もなく登山道が現れます。


8:55 関山山頂への分岐
  まっすぐ行くと「やらい張りし所」なる旧跡を経由して関山山頂へいきます。
 後で分かった事ですが、峰渡りする場合は↓の「峰渡り」と書いてある黄色いほうへ行ったほうがいいようです。


9:15 やらい張りし所
  この場所は何なのでしょうか?
  ここを南のほうに行くと二代目関山街道のトンネルの上を通過するようです。
  私たちは、関山山頂へと北にA角に曲がって向かいます。


途中、面白連山が見渡せる所が有りました。


9:25 大峠 標高約800m?
  山頂は平坦で看板が3つほど取り付けられていましたが、三角点などはありませんし眺めもまったく効きません。
  黄色い実線は、手前の分岐からまっすぐ上がってくるコースです。


ちょっと休憩し、尾根伝いに山形側に降りていきます。

私は、かなりのやぶ道を想像していったのですが、とんでもない。
立派な尾根歩きの道でした。

深くU字型に掘られた所や、だらだら下りの道が長く続きます。


山道がようやく終わり間もなく最後の渡河地点


10:40 沢渡


渡河地点から100mほどで二代目関山街道に合流します。


↑の写真の入り口には峰渡り入口の看板が有りますので目印にしてください。


10:50 駐車場
  駐車場は、国道48号線関山街道の大滝ドライブインから宮城県方向へ来ると、長い追い越し車線が有るんですが、そこが終わった所から右側に入ってくるとすぐです。



峰渡りの所要時間 3時間

びっくりしましたが、宮城県・山形県両県の保存会の方々により整備され、とっても歩きやすい登山道になっていました。

 秋は紅葉、春はシロヤシオが沢山咲く峠道のようです。

 案内していただいたokusan本当にありがとうございました。

今回の概要です。













スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-11

No title * by kei
トシヒコさん、こんばんは。関山隧道殉職者慰霊塔があるそうですが、「心霊スポットがあり幽霊が出る」といった、たわいもない怪談話を聞いたことがあります。

No title * by トシヒコ
> keiさん
そうなんですよ~
この街道は、道の脇に車が転落したままになっているんです。
私が小学校のころ、遠足などの時によく聞きました。

No title * by ジョリー
昔の旧道、整備されているのですね。名残りでしょうか、古そうな石垣も見えますね。案内標識なんかも設置されてるのですね。
こういうところはガイド付きで歩いてみたいです。

No title * by maro7
としひこさん
ご案内できなくてすみませんでした。
宮城県人ながら東根側にも峰渡りの看板を取り付けました。
昨年、村山で講演があったときにこの看板も紹介されていたようです。そして、「やらいはりしょ」の看板補修、有難うございます。取り付けの時にネジを持っていかず後付けしてますが、クマの仕業ですね。
国土地理院地図での山頂名はありませんが、大峠は登米伊達家の古文書に記載されています。
残雪期の南側の展望は雪堤が万里の頂上みたいでいいですよ。。

No title * by トシヒコ
> ジョリーさん
ですよね~
案内人がいるのと居ないのではだいぶ違いますよね~

No title * by トシヒコ
> maro7さん
残雪期行かねばなりませんね~
看板が有るのとないのではまったく違いますので大変助かりました。

Comment-close▲

コメント






管理者にだけ表示を許可

No title

トシヒコさん、こんばんは。関山隧道殉職者慰霊塔があるそうですが、「心霊スポットがあり幽霊が出る」といった、たわいもない怪談話を聞いたことがあります。
2018-08-26-18:22 * kei [ 返信 * 編集 ]

No title

> keiさん
そうなんですよ~
この街道は、道の脇に車が転落したままになっているんです。
私が小学校のころ、遠足などの時によく聞きました。
2018-08-26-19:41 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

昔の旧道、整備されているのですね。名残りでしょうか、古そうな石垣も見えますね。案内標識なんかも設置されてるのですね。
こういうところはガイド付きで歩いてみたいです。
2018-08-27-12:06 * ジョリー [ 返信 * 編集 ]

No title

としひこさん
ご案内できなくてすみませんでした。
宮城県人ながら東根側にも峰渡りの看板を取り付けました。
昨年、村山で講演があったときにこの看板も紹介されていたようです。そして、「やらいはりしょ」の看板補修、有難うございます。取り付けの時にネジを持っていかず後付けしてますが、クマの仕業ですね。
国土地理院地図での山頂名はありませんが、大峠は登米伊達家の古文書に記載されています。
残雪期の南側の展望は雪堤が万里の頂上みたいでいいですよ。。
2018-08-28-21:27 * maro7 [ 返信 * 編集 ]

No title

> ジョリーさん
ですよね~
案内人がいるのと居ないのではだいぶ違いますよね~
2018-08-30-07:28 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

> maro7さん
残雪期行かねばなりませんね~
看板が有るのとないのではまったく違いますので大変助かりました。
2018-08-30-07:39 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]