山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  東北の山 >  大東岳 表コース~裏コース下山編

大東岳 表コース~裏コース下山編

前回は大東岳の表コースの登り編を紹介しましたが、今回は裏コースの下山編です。

前回の表コースはこちらをクリックして下さい。

12:15 下山
 山頂を裏コースに向け下山します。


裏コースの山道状況
  表も裏も道刈りが数年されていないようで、笹などが道の上に覆いかぶさり、よく見えない状態になっていました。
 胸まで笹が来て人が良く見えない感じ。



12:20 展望台
  藪の中を歩いていると急に見晴らしがよくなる所が有るんですが、ここから眺める蔵王山や仙台神室などは、紅葉が少しづつ始まり、山頂部は終盤になっている所も有ります。


展望台を過ぎて間もなく「弥吉ころばし」という、長くて急な坂が現れます。
この坂は、この山の代表的な名物の一つではないでしょうか。
 とにかく、下ばかり見ながらゆ~~~~くり降りてきます。


13:00 きれいなブナ林
  弥吉転ばしの急な坂を下りてくると、今度はきれいなブナ林のお出迎えです。


13:50 樋の沢非難小屋
  ここまでくると長い坂は終了です。
  この小屋の前を通って小東峠に行くんですが、後半とんでもないやぶなのでお勧めはできません。


小屋の前の水場
  この水は湧水なのでとっても美味しいですよ~
  因みに、小屋の裏側の川には滝つぼが有り沐浴などが可能です。


14:15 北石橋の分岐
  ここから右側に降りて30分くらい歩くと北石橋という、魔訶不思議な光景を見る事ができます。お勧めです!


樋の沢非難小屋からゴールの駐車場までほぼ平坦なコースですが、数か所急な崖が有りますので、ロープを伝って降りていきます。


15:15 梯子滝
  この滝は、すごい迫力と高さが有るんですが、登山道からは木々が邪魔して全体像を見る事はできないんです。
  ただ、物凄い急峻な崖に道跡がついており、下まで降りることは可能かもしれませんが・・・・・


15:20 逆盤司岩
 高さと幅はどれくらいあるんでしょうか・・・・・
 表盤司岩のような垂直の岩肌が続きます。


15:30 雨滝
  高さはどれくらいでしょうか?
  大きく見上げないとてっぺんが見えない高さから、雨のようにしずくが落ちてきます。


15:50 林道歩きへ
  樋の沢非難小屋からは狭い登山道歩きでしたが、ここからは荒廃している林道歩きへと変わっていきます。
  林道なので平坦です。ただし長いんですよね~


15:55 壊れた橋
  この橋は、木橋なので哀れにも来るたびに破壊が進んでいます。


16:20 最後の滝
  この滝までくるとゴールは間近です。


16:25 正規の駐車場
  この駐車場に車を置いて登山するんですが、現在は工事中なので、この手前
100mが駐車場です。
 赤実線で帰ってきますが、黄色の実線は登る時の表コースです。


16:30 駐車場着
  下山所要時間  4時間15分
  全体の所要時間 8時間45分



この山の特徴として台形的な山なので山頂は平坦なんですが、中間が急峻なんですよね~





スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-11

コメント






管理者にだけ表示を許可