山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  千歳山 >  写真展の帰りに盃山と千歳山登山

写真展の帰りに盃山と千歳山登山

 1月14日 okusanに誘われ、東根市の「まなびあテラス」という所で開かれている写真展とその帰りに、山形百名山の盃山270mと千歳山471mに行ってきました。

 まなびあテラスでは、亀山亮さんの新潟県村上市の山奥の「山熊田」という一風変わった地名の村のマタギ文化を紹介したものや


 世界で2番目に高いK2という山に登った東根市在住 飯沢政人さんの写真展が開催されていました。


山形に戻って昼前だったので、盃山270mを周回することに。

ジャバという温泉プールのある施設が有るのですが、その東側の登山口から登ります。ただしジャバの駐車場は関係者以外駐車禁止なので、その東側の愛宕神社に入る道の奥の駐車場を使います。


11:00 駐車場発
 鳥居の前に5~6台の駐車スペースが有るので、ここに車を止め石段の参道を登って行きます。(赤枠が駐車場)


登山道は、しっかり整備され踏み跡も有るので迷うことはありません。
この山の特徴として、沢山の人が登る手軽な散歩コースとなっている他、↓の写真のアベマキというコルク材質のドングリの木が多い事。


11:20 山頂着
  山頂には古峰神社があり、そこからの展望は素晴らしいものが有ります。



 昼食後、場所を移して千歳山に向かいました。

12:35 大日堂登山口
   千歳山公園から100mほど南に行くと大日堂が有ってその前が登山口となっています。


登山口から100mほど平坦な道を進んでくると、鳥居が有りますのでそちらに進んで山頂へと向かいます。
 幾つも有るコースの中で、私はこのコースが一番歩きやすいコースと思います。


13:25 山頂着
  所要時間50分
  途中、知人と会ったり写真を撮ったりしながらの登山だったのでちょっとゆっくり目の山行です。(山頂の4等三角点と展望状況を撮ったもの)
  展望は、落葉した枝の隙間からのみ。


ただし、千歳山こんにゃく側に降りてくると、途中抜群の展望が有ります。


以前は善光寺岩からの展望が一番だったのですが、現在は松くい虫防除で、枯れた松が次々伐採され、色んな所にビューポイントとができているんです。

善光寺岩から50~100m下った所に、右側に行く細い道が有りますので、そちらに進んで更に100mほど行くと稲荷神社が大きな岩の隙間に祭られていますので、こちらも是非お立ち寄りください。


下山後は、平清水焼で知られている平泉寺の東側にある八十八か所の石仏巡礼もお勧めです。
 一周20分位の登山道に高さ4~50㎝の石仏が八十八個祭られているんです。

その入口の参道に有る姥神様


なかなかおっかない顔してるでしょ~

善人には笑っているように見えるそうですが、どう見ても怒ってますよね~



スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-11

コメント






管理者にだけ表示を許可