山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  飯豊連峰 >  飯豊 朳差岳~大熊尾根~大石ダム №2

飯豊 朳差岳~大熊尾根~大石ダム №2

 前頁は大石ダム~朳差岳までを紹介しましたが,今回は朳差岳から大熊尾根を下り,大熊小屋を経由して大石ダムまでの帰り道を紹介します。
 
 今回,このコースを選んだのは,友人から送ってもらった朳差岳のニッコウキスゲの花を見ることと山頂直下の「新六ノ池」を見ることです。
 
11:10 山頂出発 
 まず,朳差岳(1636m)山頂の写真です。
 山頂では,新潟県の登山者1名のみで,若干情報を交換し昼食には早いので10分ほど休憩した後,下ることにしました。

 
 数年前,山頂から大熊尾根方向へ100mほど下ったところにある新六ノ池を見た時,とても神秘的で,できれば池の水で身を清めたく憧れの池として脳裏に焼きついてしまったので,是非見たくて今回楽しみにしてきたのですが・・・。
 
 11:20 新六ノ池
 憧れの新六ノ池はやはり,嫁さんは後から10m離れて見た方が良いのと同じで,近くで見ると,水は赤茶けまったく神秘性は無く,とても清めの水に出来る代物ではありませんでした。

 
 ただ,上の写真の手前側のくぼ地には今の時期にはとても珍しくコバイケイソウやモミジカラマツの花が咲いていました。
 
 12:30 一杯清水
 山頂からの下り道も良く下刈されていて迷うことはありませんが,とてもキツイ坂が延々と2時間ほど続きます。そんな大熊小屋と山頂の中間地点付近にひっそりとあり,下手をすると見落としてしまいそうなチョロチョロ流れる湧き水ですので注意してください。
 登山道の脇,数mにあります。 大熊小屋間の唯一の水場なので,大変貴重です。

 
 13:00 最初の吊橋 (本格的な水場)
 一杯清水から更に急な坂を下り続けて30分。やっと本格的な水場に到着。
これには,本当に助かりました。タオルで頭や手,それに体を冷やし,やっと生きた心地がしました。ここからは平坦な道だと聞いていたからです。
 吊橋は,片方にワイヤーがありますので安全です。
 

 
 13:10 大熊小屋
 最初の吊橋から平坦なブナ林を歩いて10分,2階建ての大熊小屋到着です。
  小屋の前が三叉路になっていて,右側に10m位歩くと水場,更に奥にトイレがあります。左側(小屋の裏側に行く感じ)に降りていくとやがて二番目の吊橋です。

13:12 二番目の吊り橋
 丸太を半分にしたようなつり橋で,ここを渡ると30センチほどの草が生い茂る斜面を横断する歩きにくい道が続きます。

 
 ここからが長~い道が続きますので,ただひたすらブナ林の,おおむね平坦な道を歩き続けます。
 
 途中の丸太橋。一抱えはあります。(たまたま引っかかったものを利用しているのでは・・・)

 
 途中,橋が有ったり無かったり多種多様ですが,増水時は渡河不能と思われる川12本。そのほか,雨が降ると川になるであろう枯れ沢多数がありますので,降雨時は細心の注意が必要です。
 
 飯豊連峰は,岩盤が隆起して出来た山なので,とても急峻でよくこんな所に道を作ったもんだ。とゆう感じの場所が何箇所もあります。

 
 16:30 後半の吊橋
 大熊小屋を過ぎ幾つも川を渡って,ほとほと歩くのが嫌になった頃ようやく鉄製の吊り橋が現れます。これを見たら間もなくゴ~ルそんな安堵感が沸いてきました。

 
 16:50 最後の大吊橋(長さ100mは有りそうです)
 この大吊橋(滝倉橋)を渡ると舗装道路。
 もう大石ダムの堰堤も見え,間もなく終点だとゆうことで俄然元気が出てきますが,
ここからが30分掛かります。
 

 
 17:15 最後のトンネル
 このトンネルは一風変わったトンネルです。普段は真っ暗ですが,トンネル両側入り口に有るスイッチを押すと10分間点灯します。
 長さが100mほどの曲がったトンネルなので10分あれば十分に通過することが出来ます。堰堤側の天井には蛇?の作り物が吊るされています。

 
 17:20 ゴ~ル!
 いや~疲れた。
 車の奥くにあるのはトイレです。駐車場も10台はダムサイトに停められます。
 

 今回は,大石ダム~3キロ先公園まで自転車(以降歩き)~権内尾根~朳差岳~大熊尾根~大石ダムのコースを日帰りして来ましたが,両方のコースとも下りに使うべきです。
  
 所要時間 12:30  とにかく疲れた~
 
 中級~上級者以外はとにかく大変だと思います。
 
 今回の山行での花々は№3で紹介します。
 
 
スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

No title * by 連携
お疲れさまです。
本当にすごいところに道を作るものですね。

No title * by トシヒコ
ぱぱさん
本当に人間の力は凄いと思いました。
なせばなる!
ということのようです。

No title * by 風景と花
素晴らしい景色をありがとう

本当にお疲れ様でした☆~ポチ☆

No title * by トシヒコ
風景と花さん
本当に疲れました。
でも,どうせ疲れるなら半月前の花が沢山咲いているときがいいな~と思いました。

No title * by -
やっぱり 飯豊はいいで~!! だね。

No title * by トシヒコ
タユイチさん
飯豊はいいで~と言うようになるまで少々掛かります。
今回余りに疲れたもので・・・
ただ,来年の8月1日前後は是非行きたいと思います。

No title * by okusan
超ハードな登山、ご苦労様でした。
川入~大石ダムの縦走コースでここだけ残っていたので、登山ルート・情報が大変参考になりました。そしてカモス頭の下まで下見して
きました。紅葉時、西俣コースのブナ林まで歩きたいです。

No title * by トシヒコ
OKUSAN
下見されたとのこと。ご苦労様でした。
是非,完全縦走コース制覇せれて下さい。

Comment-close▲

コメント






管理者にだけ表示を許可

No title

お疲れさまです。
本当にすごいところに道を作るものですね。
2010-08-23-19:17 * 連携 [ 返信 * 編集 ]

No title

ぱぱさん
本当に人間の力は凄いと思いました。
なせばなる!
ということのようです。
2010-08-23-20:31 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

素晴らしい景色をありがとう

本当にお疲れ様でした☆~ポチ☆
2010-08-23-21:39 * 風景と花 [ 返信 * 編集 ]

No title

風景と花さん
本当に疲れました。
でも,どうせ疲れるなら半月前の花が沢山咲いているときがいいな~と思いました。
2010-08-24-06:09 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

やっぱり 飯豊はいいで~!! だね。
2010-08-24-22:34 * - [ 返信 * 編集 ]

No title

タユイチさん
飯豊はいいで~と言うようになるまで少々掛かります。
今回余りに疲れたもので・・・
ただ,来年の8月1日前後は是非行きたいと思います。
2010-08-25-20:09 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

超ハードな登山、ご苦労様でした。
川入~大石ダムの縦走コースでここだけ残っていたので、登山ルート・情報が大変参考になりました。そしてカモス頭の下まで下見して
きました。紅葉時、西俣コースのブナ林まで歩きたいです。
2010-09-04-09:26 * okusan [ 返信 * 編集 ]

No title

OKUSAN
下見されたとのこと。ご苦労様でした。
是非,完全縦走コース制覇せれて下さい。
2010-09-04-23:23 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]