山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  山形の山収納 >  山形百名山 川西町 高戸屋山

山形百名山 川西町 高戸屋山

山形百名山の川西町 高戸屋山368mに行ってきました。

この山の特徴は、家族で楽しめる山と言う事でしょうかね~

8:50 駐車場発
 川西町と言えばダリヤ園で有名ですが、その駐車場に車を停め浴浴センターまどかの正面を通って歩いていきます。
 ↓赤四角の枠に看板が有りますので参考にしてください。


数年前は周回コースを歩いたので、今回は中央の車道歩きをしました。
↓山頂から案内図の赤い実線のコースを下りました。


8:55 登山道入口
  浴浴センターまどかから100mほどで登山道入り口が有ります。


登山道入り口から直登ですが長くは続きません。小松スキー場トップから「まどか」脇の出発点や最近整備されたゲートボール場を眺めることができます。


この登山コースは良く整備され、歩きやすいのとワラビや姫小百合が沢山有りますので、そちらを楽しみながら歩くのもいいものです。


姫小百合は5月26日現在でまだ一部咲と言ったところです。


10:40 山頂着
  所要時間 1時間50分(途中ワラビ採りもしてきたのであてになりません)
  いくつもの小さいアップダウンの繰り返しをしながら登ってきます。


山頂自体はたいして展望も良くないんですが、場所を移動することで吾妻連峰や朝日連峰などを眺めることができます。


この方向は何だったか・・・・・・
 場所を移動すると、こんな感じで遠くの山を眺めることができます。


11:10 内山沢堤の湖畔にある東屋
  ビニールが破けていますが、南北に1棟づつある東屋は両方ともこんな感じでした。なんかカッコ悪いですね・・・・


11:20 内山沢堤の堰堤部からの眺め
  湖畔を山菜を取りながら歩いて来たんですが湖面は無風状態でなかなかいい光景でした。


11:50 ダリヤ園駐車場着
  周回所要時間 3時間
  途中、山菜取りなどの時間を結構要したので30分以上短縮なると思います。



今回は、喜多方の三ノ倉スキー場の菜の花を見ての帰りに寄ったもので、
この山を単品で登るより、何かと抱き合わせで登った方が良いと思います。

帰りに、南陽市の ラーメン囲ろりに寄ってきました。
 住宅街にある有名店らしく、お客さんが沢山入っていました。


チャーシュウーはとっても柔らかくて美味しかったんですが、全体的には・・・・・
でした。






スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-11

コメント






管理者にだけ表示を許可