山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  その他の趣味 >  観光地 >  長井熊野山からの日の出とおいこの淵

長井熊野山からの日の出とおいこの淵

長井の道照寺平スキー場から登って熊野山神社に登り、日の出を見てから神秘的な雰囲気の中にある、おいこの淵や幻の滝を案内して頂きました。

3:33 道照寺平スキー場発
 自宅を2時半に出発し、同スキー場でokusanとEさんと待ち合わせ3人で出発。
 辺りは真っ暗なのでヘッドライトを点けて登って行きます。


4:10 熊野神社着
  所要時間 約40分
  かなりのハイペースで登ってきました。
  神社境内から長井盆地と白鷹丘陵が一望できるビューポイントになっています。


到着して10分後
 東の空が真っ赤に染まり、素晴らしい光景が期待されました。


4:25 日の出?
  雲が低く垂れこめ、太陽が見えません・・・・・
  天気予報は晴れなのに、しかも自宅を2時半に出発したのに・・・・・・・
  でも、満足できる光景でしたよ~


道照寺平スキー場
  下山し、同スキー場を上から撮ってみました。
   こんな感じで登っていったんです。


下から見ると、登山道の看板と登山道はこんな感じになっています。
熊野山に登る際は参考にしてください。


次に向かったのは神秘的な木地山ダム下流のおいこの淵
 登山道は廃道となり現在は藪化していますが、トラロープが、おもいっきり木の幹に食い込んでいて昔の登山道の面影は残っています。
 


野川本流近くまで降りてくると、崖一面にゼンマイが張り付いています。
 今まで一度も採られた事が無いのでしょうね~
 かなりの大株となっていました。あまりに危険すぎ永遠に採られないと思います。


県道から降りてくること20分
 幻の滝が現れました。
 落差は20mほどあるでしょうか。紅葉の時期は奇麗でしょうね~


おいこの淵
  ここで一挙に川幅が狭くなり、木地山ダムが出来る前は、大雨の時など轟音を立てて黒部ダムのように水が吹き出していたんだそうです。

※ある情報に寄れば、潜水艦の様な魚影があって釣り上げようとしても、高さが10m以上あるため無理なんだそうです。

 この光景を見るには、20mほどのロープ持参でないと、踊り場まで降りられないので、安全装備はしっかり準備してから行ってください。

 途中の藪も、急なので単独で初めて行く場合は危険大でお勧めできません。



スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-11

No title * by 安積の麻呂
今日は 蕨とりで谷に転落遭難する人が居ますね こんなところなんでしょう

No title * by トシヒコ
> 安積の麻呂さん
ここは直角のがけなので人が入れません。
でも、こんな感じの所で滑り落ちるんですよね・・・・

Comment-close▲

コメント






管理者にだけ表示を許可

No title

今日は 蕨とりで谷に転落遭難する人が居ますね こんなところなんでしょう
2019-06-08-14:27 * 安積の麻呂 [ 返信 * 編集 ]

No title

> 安積の麻呂さん
ここは直角のがけなので人が入れません。
でも、こんな感じの所で滑り落ちるんですよね・・・・
2019-06-08-20:13 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]