山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  鳥海山 >  矢島口・猿倉口 >  鳥海山 矢島口~康新道周回 №2 康新道編

鳥海山 矢島口~康新道周回 №2 康新道編

前回は鳥海山の秋田県側 矢島口から氷の薬師経由のいわば直登編を紹介しましたが、今回は康新道を使った下山編の紹介です。

 前回の矢島口編はこちらをクリックしてください。

まずは鳥海山山頂から

8:30 鳥海山2236m山頂
 東側から登って来たので、帰りは宿泊所が有る南側へ降りていきます。
山頂

9:10 七高山山頂から登って来たコースを下山です。
 ↓写真右下の赤四角に康新道分岐の道標が有ります。
七高山

康新道分岐
  山頂から50m位降りてくると道標が有りますので、そこを左の方へと向かいます。
分岐

康新道へ道が付いていますので、見落とさない様注意してください。
康新道

こちらは、登りに使った氷の薬師登山道より外輪山の脇を降りていく感じなのと、稲倉岳から鳥海湖への稜線を挟んだ光景が素晴らしい。昔の鳥海山の溶岩の流れ出た感じが凄くわかりやすいんです。
稲倉山方面

外輪山と新山
  外輪山の険しい岩の脇を降りてくると、外輪山と新山(鳥海山山頂)の光景が感動的。
  カーブを曲る度、何枚も写真を撮ってしまいます。
新山と外輪

花畑
 ある程度降りてくると今度は花が沢山咲いています。
 登りに使ったコースではハクサンシャジンは殆んど見ませんでしたが、こちらは花畑です。
花

10:40 分岐
  氷の薬師と康新道の分岐です。
  分岐の標識が有るところは、岩場になっているんですが、分岐から康新道側へ数十メートル入った所から登山道がはっきり分かるようになっています。
康分岐

10:50 七ツ釜非難小屋
  登りでも書きましたが、この小屋はしっかりした建物ですが、扉が外れていました。
  トイレは奇麗な洋式トイレですよ。
  近くの沢の雪解け水がとっても冷たくおいしかった~!
  ただ、残念だったのは猿倉口のコースの分岐が有ったんですが見落としてしまったんです・・・
七ツ釜非難小屋

11:10 御田
  雪解け水でいくつもの池塘ができていましたが、その中でも池の中に水草でできた丸い輪っか模様が有りました。
御田

秡川フュッテと竜が原湿原
  広い湿原は、春先にはどんな花が咲き乱れているんでしょうか・・・
  秡川フュッテと駐車場。そしてキャンプ場の位置関係を撮ってみました。
秡川フュッテ

12:00 赤滝分岐
  直進するとすぐ秡川神社ですが、せっかくなので赤滝を見に右側に行ってみました。
赤滝分岐

途中、数ヵ所の湿原を歩いていきます。
 一ヵ所ちょっとした登りは有りますが、ほぼ平坦です。
湿地帯

12:05 赤滝展望所
 赤滝へ通ずる道のあるようでしたが、かなり降りて行かなければならない様だったので、ここで引き返しです。
 左側にも糸の様な滝が有りました。
 何で赤滝かというと、たぶんですが滝の中間ほどの所の岩が赤かったのでそこから付いたものと勝手に納得してきました。
赤滝

12:20 駐車場着
  正面奥に有るのがトイレです。
  トイレットペーパー付の奇麗なトイレでした。水道も有るので車中泊にはうってつけです。
  朝日も見えるんですよ~
駐車場

康新道は、登りに使った方が安全です。
 理由は、登山道を草木が覆いかぶさっている所が数か所あって、段差のある所は足場が見えないので危険だからです。
 ただし、花はきれいだし風景も雄大で感動的なコースとなっているため、是非周回をお勧めします。



猿倉口
  秡川フュッテから3.2キロ舗装道路を下ってくると、こちらも100台は駐車可能な猿倉口駐車場が有ります。
  秡川フュッテ駐車場に自転車を置いてここから登るか、3.2キロを歩くかすれば、矢島コースと猿倉コース、康新道コースを8の字で周回することが可能です。
猿倉口

急いでまとめたので、乱筆乱文になってしまったことお許しください。


追伸
  帰りに日本滝百選の法体の滝に寄って来たんですが素晴らしかったですよ~
  キャンプ場と川遊びもできるようになっていて大勢の家族ずれが楽しんでいました。
  法体の滝

散策路を歩くと滝の展望台が有ります。
ここから見る法体の滝は絶景!
滝つぼ

素晴らしかった。ここもお勧めです。
スポンサーサイト



Last Modified : 2019-08-17

法体の滝 * by 瀑やん
9月に行こうと思っています。

Re: 瀑やん 様へ * by トシヒコ
そうだったんですね~
吊橋を渡ると滝の展望台や滝の上部にも行けますよ~
良い滝でした。

グルっと回って * by nadeshikobuta
昔々TVニュースステイションで法体の滝を取り上げていてどうしてもみたくて鳥海山の帰りに案内して頂きましたが(母の運転で)
鉾立から遠かったぁ~。。。
山登りということを知らずに歩いた30年前の話(^^ゞ

Re: nadeshikobuta 様へ * by トシヒコ
え~
そんな昔ですか~
大分雰囲気が変わってるでしょうね。
また行きましょう!

No Subject * by 山形市H夫
初めてコメントさせていただきます。
かつて、HWT協会なるものがあった時もありましたが、
関係者でJM7KUBを開局しています。
貴ブログはよく拝見しています。とても興味あるレポートが多く、私の山行にも活用させていただいております。ありがとうございます。
ところで、私もその日には鳥海山へ。
猿倉口からのルートは歩いたことがなかったので、自宅3時出発。登山口を6:15に出発しました。康ケルンまで見所、写真撮り所もそれなりにありました。
康新道は下山利用したことがあるので、今度は登りに。これが大正解。右からの風で汗がひきますし、七高山と新山のツーショットを見ながらで、刻々変わる画角の変化が楽しかったです。
この日は新山はパスしました。下りは氷の薬師を通過するルートで祓川口へ。やはり下りでも汗はかきましたね。展望台にも寄ってから、後は車道を30分歩いて猿倉口に戻りました。
写真の駐車場にある水色の車は私のでした。
また、コメントさせていただきます。

Re: 山形市H夫 様へ * by トシヒコ
KUBさん、最近無線しなくなりログ帳もPCデータも無くなってしまいましたが、コールサインだけは覚えていました。がお名前はちょっと出てこなくなってしまいました。
申し訳ありません・・・・
 猿倉口の情報大変ありがとうございました。
 何よりの情報です。
 しかし、ほしかったですね・・・
 もう少し時間がずれていればお会いできていたかも。
 もしかして、七高山山頂あたりでスライドしていたかもしれませんね・・・・
 今度是非、連れて行っていただければと思います。

Comment-close▲

コメント






管理者にだけ表示を許可

法体の滝

9月に行こうと思っています。
2019-08-17-19:33 * 瀑やん [ 返信 * 編集 ]

トシヒコ Re: 瀑やん 様へ

そうだったんですね~
吊橋を渡ると滝の展望台や滝の上部にも行けますよ~
良い滝でした。
2019-08-18-18:49 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

グルっと回って

昔々TVニュースステイションで法体の滝を取り上げていてどうしてもみたくて鳥海山の帰りに案内して頂きましたが(母の運転で)
鉾立から遠かったぁ~。。。
山登りということを知らずに歩いた30年前の話(^^ゞ
2019-08-24-09:38 * nadeshikobuta [ 返信 * 編集 ]

トシヒコ Re: nadeshikobuta 様へ

え~
そんな昔ですか~
大分雰囲気が変わってるでしょうね。
また行きましょう!
2019-08-24-20:53 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No Subject

初めてコメントさせていただきます。
かつて、HWT協会なるものがあった時もありましたが、
関係者でJM7KUBを開局しています。
貴ブログはよく拝見しています。とても興味あるレポートが多く、私の山行にも活用させていただいております。ありがとうございます。
ところで、私もその日には鳥海山へ。
猿倉口からのルートは歩いたことがなかったので、自宅3時出発。登山口を6:15に出発しました。康ケルンまで見所、写真撮り所もそれなりにありました。
康新道は下山利用したことがあるので、今度は登りに。これが大正解。右からの風で汗がひきますし、七高山と新山のツーショットを見ながらで、刻々変わる画角の変化が楽しかったです。
この日は新山はパスしました。下りは氷の薬師を通過するルートで祓川口へ。やはり下りでも汗はかきましたね。展望台にも寄ってから、後は車道を30分歩いて猿倉口に戻りました。
写真の駐車場にある水色の車は私のでした。
また、コメントさせていただきます。
2019-08-25-17:45 * 山形市H夫 [ 返信 * 編集 ]

トシヒコ Re: 山形市H夫 様へ

KUBさん、最近無線しなくなりログ帳もPCデータも無くなってしまいましたが、コールサインだけは覚えていました。がお名前はちょっと出てこなくなってしまいました。
申し訳ありません・・・・
 猿倉口の情報大変ありがとうございました。
 何よりの情報です。
 しかし、ほしかったですね・・・
 もう少し時間がずれていればお会いできていたかも。
 もしかして、七高山山頂あたりでスライドしていたかもしれませんね・・・・
 今度是非、連れて行っていただければと思います。
2019-08-27-07:12 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]