山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  鳥海山 >  二ノ滝コース >  鳥海山 二ノ滝コース~万助道周回

鳥海山 二ノ滝コース~万助道周回

鳥海山の二ノ滝コース~御浜小屋~万助道コースの周囲に行ってきました。
前回8月11日は時間の関係で御浜小屋まではいかなかったので、追加の山行です。


今回は、天童市道の駅を5時に出発、新庄経由で一ノ滝駐車場を目指します。

7:00 駐車場発
 日曜なんですが先着車は2台だけ。皆さん何処に行ってらっしゃるんでしょうか・・
スタート

7:20 二ノ滝
 今回は二回目なので、一ノ滝を越え二ノ滝からの写真アップです
 このコースの詳しい内容は8月11日でアップした上記のURLを参考にして下さい。
 滝つぼ周辺の岩には沢山のダイモンジソウが咲いていた他、虹も見えて感動的でしたよ~
二ノ滝

8:10 万助道連絡橋から見る無名滝
  無名の滝なんですが、三ノ滝下流の万助道連絡橋の上から見る滝は、紅葉時凄く奇麗だろうな~
 って思わせる優雅が有りました。
分岐点

三ノ滝が終わった辺りからこのコースは険しくなってきて、四つん這いでないと登れないようなところが数ヵ所出てきます。
 また、紛らわしい所が有りますので、注意しながら登ってください。
IMG_1374.jpg

10:50 千畳ヶ原T字分岐
 いくつもの名瀑を堪能しながら、ようやく千畳ヶ原の分岐到着です。
 ここで休憩をしていたら、同行者である高橋さんのFB友の斎藤さんと遭遇。色々と鳥海山の魅力や秋田県の紅葉情報などをお聞きしながら、鳥海湖まで案内して頂くことに。
千畳ヶ原

千畳ヶ原の分岐から鳥海湖を目指します。
先導して頂くのは斎藤さん。花がとっても詳しいんです。
徒歩

11:50 長坂コースとの合流点
  途中、ウサギギクやリンドウの花などの説明を受けながら登ってきて、長坂道の合流点で休憩。鳥海山の雄大な自然を堪能します。
長坂道分岐

12:20御浜小屋
  所要時間 5時間(花の説明や休憩時間含む)
  鳥海湖の端から直登コースで御浜小屋に登ってきます。
  ↓左端の小屋が宿泊棟で、右側がトイレになります。
御浜小屋

12:50 御浜小屋から下山開始
  昼食を取った後、下山開始です。
  尾根からは、新潟県の淡島や山形県の飛島。秋田県の男鹿半島がきれいに見えました。今が盛りのリンドウと鳥海湖越の鳥海山を撮ってみました。
鳥海湖と鳥海山

13:25 万助道と千畳ヶ原の分岐
  枯れ沢から万助道へと向かいます。
  赤枠に看板が有ります。
万助道分岐

刈り払い状況
 万助道は8月11日に通った時は草が生い茂っていたんですが、今回はしっかり刈り払いされていて歩きやすくなっていました
 (県内の登山道で整備されている道は8月中に刈り払いが終わっているのかも。)
刈り払い道

14:30 万助小屋
  小屋の近くには冷たい沢が流れている他、室内も流し台やトイレなどが有って、きれいに維持管理され、人気の小屋となっています。
IMG_1424.jpg

15:40 万助道から二ノ滝コースへの分岐
 ここから、左へと進路変更し二ノ滝コースへ入っていきます。
 二ノ滝コースへは4つの小さなアップダウンを繰り返して行く事になります。
  (長坂コースを下ってきて万助道に合流する最後の合流点でもあります)
万助道分岐」「

16:10 最終駐車場
 一ノ滝駐車場の奥300mに最終駐車場が有ります。
IMG_1430.jpg

16:20 一ノ滝駐車場
 周回所要時間 9時間20分
 帰りは、広島県から来たという若い男性と一緒に色んな情報をお聞きしながら降りてきました
IMG_1431.jpg

同行して頂いた高橋さん
 偶然お会いしたお二人の方
  ・鳥海山の魅力や近隣の山情報を頂いた斎藤さん
  ・広島から来たという若い男性の方
 お陰様で、大変楽しく有意義な山行を過ごすことができました。
 心からお礼を申し上げます。



スポンサーサイト



Last Modified : 2019-09-22

コメント






管理者にだけ表示を許可