山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  山形市近辺の低山 >  鷹取山 仁田の沢集落跡周回 下山編

鷹取山 仁田の沢集落跡周回 下山編

 前回は鷹取山606mの寺山コース~山頂までを紹介させて頂きましたが、今回は山頂から南側に有る仁田の沢集落跡経由の下山編です。
 

 今回の目的の1つである10年前のロープ状態は良好でしたが、2つ目の林道はどうなのか。楽しみながらの下山でした。

10:40 山頂下山
 山頂を南側の仁田の沢集落跡を目指して下山開始です。
 ↓標識は607mとなっていますが、端数を四捨五入した標高です。
IMG_2184.jpg

山頂から南側に下る道は最初は道跡もはっきりしていましたが、↓写真の赤実線が消える少し先付近(山頂から100m位下る)から90度左側の杉林に降りていくんですが、この辺りから道は分からなくなり、杉林が終わるころは笹やぶでまったく道跡が消えています。
IMG_2190.jpg


10:50 林道とスライド地点
 やや狭い鞍部に到着すると、右側に林道が現れました。
 これが、ゆきべんさんが言っていた最近できた林道でしょうか・・・
 登山道は左側に行きますが、テープや案内板が有る訳でもないので初めての人は分からないと思います。(仁田の沢集落到着後ここまで林道を歩いて調査しました)
IMG_2192.jpg

 不思議ですが、先ほどの林道との分岐からはこちらの登山道は道刈りもされ、きれいでしたが・・・・・
 集落近くの最難所1つ目。急斜面のトラバース。
 ここは冬期間や残雪期は雪崩常襲地帯なので細心の注意が必要です。
IMG_2194.jpg

 2ヵ所の危険地帯を通り抜け少し歩くと、仁田の沢地区のお墓が有った場所に到着ですが、令和元年現在で2ヵ所しか墓石は立っていませんでした。皆さん麓に引っ越したんでしょうかね。
IMG_2196.jpg

11:05 仁田の沢集落跡に到着
 山頂からの所要時間 約30分
  お墓から杉林を通って50m位進むと林道に出ました。
  赤実線から出てきて、仁田の沢集落跡に行くには直進してすぐ元の分校跡に出ます。今回は林道が気になったので最初に見た林道まで調査のため歩く事に。
 最初は林道を道なりに歩き、帰りはジグザグにヘアピンカーブが続く所をショートカットし降りてきたので、↓写真のオレンジの実線が2つになっています。
IMG_2200.jpg

11:20 登山道とのスライド地点
 林道歩き所要時間 20分(登山道コースは15分)
 帰りのショートカット所要時間12分
 以上のように、鷹取山から仁田の沢集落に降りる場合は、スライド地点から林道に移り、後半のヘアピンカーブ部分をショートカットで下る方が、はるかに安全で短時間であることが判明しました。
IMG_2199.jpg

仁田の沢集落跡の入口の掘割
 赤丸の所に建物がまだ残っていました。
 麓から来た場合、この場所から先、直ぐに広い右カーブになりますが、そこが以前ポンプ車小屋や冬季分校が有った場所にでます。
IMG_2201.jpg

集落跡から3分下ると通行止めのロープが張られていました。
工事関係者以外通行止め。と言う事は工事がまだ続いていると言う事でしょうか・・
IMG_2204.jpg

11:40 阿弥陀様
 これは、江戸末期に寄進されたものだそうで、地元ではちょっと有名な建物なんです。以前は、道路からちょっと離れていたんですが、林道ができたおかげですぐ脇になっているんですね。
IMG_2205.jpg

以前は、この境内で地元民が集まり、かど焼をして楽しんでいたんですが、今はすっかりさびれてしまいました・・・
IMG_2206.jpg

12:10 広域農道に到着
  広域農道から仁田の沢集落跡入口に到着。
 9時40分にここから50mほど離れた場所から入って行ったので、2時間半の周回所要時間です。
  因みに、↓右側のへんてこな山が富神山です。この位置から見る富神山は一番カッコ悪いと思います。(白い実線は富神山の南コースです)
IMG_2208.jpg

今回は久しぶりに鷹取山に登り、気になっていた2つの疑問も解決しました。
山って、10年行かないとだいぶ変わっていますね・・・

 情報を頂いたゆきべんさんSONEさんありがとうございました。
スポンサーサイト



Last Modified : 2020-01-05

No Subject * by nadeshikobuta
今の時季でも分かりずらいということは草丈が延び笹が伸び始めたら不案内の人は分からないでしょうね。
富神山何年上ってないだろう・・・
久々に歩いてみたいですね、新しいコースも出来たようだし、一日ゆっくり東西南北を…東はなかったか(^^ゞ

Re: nadeshikobuta 様へ * by トシヒコ
そうですね~
東は登山道は無いですが直登で登れますよ。
鷹取山は初めての人は厳しいかもしれません。

No Subject * by S0NE
どうも林道の位置が分からないのですが、正規の登山道入り口に降りて右に伸びる林道が、南尾根を大きく巻いて、小さな鞍部付近まで伸びていたという解釈で良いのでしょうか?
笹に雪が被ると、踏み跡がさらに判別しにくくなう感じですね。
今年もよろしくお願いいたします。

Re: S0NE 様へ * by トシヒコ
その通りです。
こんな素晴らしい林道ができたんだと驚いてしまいました。

この林道が車が通れるようになるとすごく便利になるんですがね・・
 

Comment-close▲

コメント






管理者にだけ表示を許可

No Subject

今の時季でも分かりずらいということは草丈が延び笹が伸び始めたら不案内の人は分からないでしょうね。
富神山何年上ってないだろう・・・
久々に歩いてみたいですね、新しいコースも出来たようだし、一日ゆっくり東西南北を…東はなかったか(^^ゞ
2020-01-05-15:48 * nadeshikobuta [ 返信 * 編集 ]

トシヒコ Re: nadeshikobuta 様へ

そうですね~
東は登山道は無いですが直登で登れますよ。
鷹取山は初めての人は厳しいかもしれません。
2020-01-05-17:24 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No Subject

どうも林道の位置が分からないのですが、正規の登山道入り口に降りて右に伸びる林道が、南尾根を大きく巻いて、小さな鞍部付近まで伸びていたという解釈で良いのでしょうか?
笹に雪が被ると、踏み跡がさらに判別しにくくなう感じですね。
今年もよろしくお願いいたします。
2020-01-07-21:00 * S0NE [ 返信 * 編集 ]

トシヒコ Re: S0NE 様へ

その通りです。
こんな素晴らしい林道ができたんだと驚いてしまいました。

この林道が車が通れるようになるとすごく便利になるんですがね・・
 
2020-01-09-20:36 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]