山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  その他の趣味 >  峠道 >  新旧関山トンネル上縦走

新旧関山トンネル上縦走

東根市と宮城県作並温泉を結ぶ国道47号線の県境にある関山トンネル
その新旧トンネル上の尾根を縦走する周回コースを歩きをしてきました。
 もちろん登山道は無く半分以上藪を歩く事になります。

8:30 駐車場発
 関山トンネル仙台側入口から200mほど東のスノーシェット手前に、車5~6台駐車可能な駐車帯が有りますのでそこから歩いていきます。
↓の実線分が旧道になっています。(下山時はトンネル側から歩いて来ます)
IMG_3698.jpg

8:45 峰歩き用梯子
 旧国道を歩いてくると大きくカーブしている所が有りますが、そこが初代の峰越えコースで、そのカーブから50mほど進むと峰越え登山道用梯子が設置されています。が、今回は旧道をまっすぐ進んで行きます。
IMG_3701.jpg

9:10 初代関山隧道(287m)
 明治15年6月~昭和43年11月まで使われた隧道で、山形側も含め柵が作られトンネル内侵入は不可となり、内部には水が溜まっています。
 その左側を今回は登って行きましたが、右側からも登って行く人がいるようでした。
IMG_3703.jpg

10:00 小新川山807m
 トンネルの左側の急登を登って尾根に上がると、なだらかになり道跡も分かりやすくなっていました。尾根伝いに小新川山まで尾根伝いに進み、関山隧道が出来るまで馬車道として使われていた小山田新道跡を見学。その後引き返してトンネル上部に向かいました。
IMG_3714.jpg

11:05 分岐
  関山隧道から上がって来た道と隧道上部を歩く尾根道との分岐です。
 ここから、隧道上部方面へは道が分かる程度に整備されていました。
IMG_3717.jpg

11:10 隧道上部
  トンネル上部は鞍部になっていて、両側はとっても急峻なU字型となっています。
 ロープを伝って、トンネル上部にたどり着くと、仙台側坑道入口方面に降りるための新しいトラロープが取り付けられていました。(かなり急で、ロープは50mで終わりあとは自分たちのロープで降りたとか。こちらは利用しない方が無難だそうです)
 両側とも逆さV字型の急峻な尾根となっています。
IMG_3720.jpg

↑上の写真の反対側はやはりロープが張られ、それを頼りに登って行かなければ転落しそうです。
IMG_3735.jpg


11:17 恐竜のあばら骨
 ロープを伝い10m上がった所に、okusanの言う「恐竜のあばら骨」がありました。痩せ尾根に生えたブナの半分の根っこの土が流れ出て、かろうじて倒木を免れている、まさしく恐竜のあばら骨で、その脇の細い尾根を越えていくスリル満点の場所です。
IMG_3727.jpg
※あと10年もしないうちに崩れていくのではないかと心配です。

恐竜のあばら骨を越えたら、今度はなだらかな尾根歩きへと変わっていきます。
IMG_3736.jpg

11:30 やらい?
 ようやく、関山峰渡りコースと合流です。 
 この場所は「やらい・・・」と言う場所ですが下半分が熊さんに食われて分からなくなっていました。(後で昔のブログ見て調べてみます)
IMG_3740.jpg

尾根を登って行くと、背の高さ位の笹やぶに出くわしますがここではタケノコやワラビ採りができますよ~
IMG_3742.jpg

11:40大峠
 大峠は広いピークになっていて、大勢で弁当開きもOKです。
 左に行けば東根側の尾根渡りコース。
 今回は、現在の関山トンネルの上、尾根歩きをするためピークから北側の藪に向かって降りていきます。
IMG_3744.jpg

12:30 関山トンネル上部
  大峠からは獣道のような道が有るような無い様な、やぶ道を降りてきますが、やはりこちらも鞍部がトンネルの上部になっています。
IMG_3749.jpg

12:40 寒風山方面の登山道と合流
  後半は意外と歩きやすい尾根歩きで、カタクリの群生地となっています。
  尾根を進んで行くと寒風山方面の整備された登山道と合流します。
IMG_3751.jpg

平成20年に関山峠から白髭山まで開通した登山道は、現在どこまで整備されているか分かりませんが、こちらはとっても歩きやすい道になっています。
IMG_3756.jpg

13:00 関山トンネル着
 トンネル入り口には数台分の駐車所が有り、寒風山方面に行く場合はこちらに停めて良くといいです。
IMG_3760.jpg

13:05 駐車場着
 トンネルから200m車道を歩いてくると駐車場着。
 周回所要時間 4時間30分
 このコースでお勧めは「恐竜のあばら骨」峰渡りコースで行くと短時間で行くことができますのでお勧めですよ。

今回の概要です。
 赤色は今回の周回コースで、青色は峰渡りコースです。
無題

案内して頂いたokusan、早川さんありがとうございました。


スポンサーサイト



Last Modified : 2020-05-30

No Subject * by maro7
仙台側坑道入口方面に降りるための新しいトラロープと述べられておりますが、50mほどでなくなります。その後はかなり急でロープ確保で降りました。このトラロープは登山用ではありませんので承知ください。
隧道入口の右手はこの前に降りた地点ですが、左手の尾根に上がったほうがよろしいですね。
関山一周、おめでとうございます!

Re: maro7 様へ * by トシヒコ
大変貴重な情報ありがとうございました。
そうだったんですね~
早速訂正しておきます。

Comment-close▲

コメント






管理者にだけ表示を許可

No Subject

仙台側坑道入口方面に降りるための新しいトラロープと述べられておりますが、50mほどでなくなります。その後はかなり急でロープ確保で降りました。このトラロープは登山用ではありませんので承知ください。
隧道入口の右手はこの前に降りた地点ですが、左手の尾根に上がったほうがよろしいですね。
関山一周、おめでとうございます!
2020-05-29-09:48 * maro7 [ 返信 * 編集 ]

トシヒコ Re: maro7 様へ

大変貴重な情報ありがとうございました。
そうだったんですね~
早速訂正しておきます。
2020-05-30-17:10 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]