山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  月山・湯殿山 >  湯殿山 >  湯殿山 県立博物園 周辺散策

湯殿山 県立博物園 周辺散策

 令和2年6月6日 湯殿山山麓の県立自然博物園で粘菌観察会誘われ参加してきました。
 山を愛する者として、知っておくと大変参考になると思ったからです。

 まず粘菌てなに?
 って思って参加したんですが、菌は菌でもキノコの菌とは違った生き方をして、色んな形をしているとっても不思議な生き物でした。

まずはこんなものも居るんだそうですよ~
粘菌

こんなのが見られたら興奮しますよね~

講師の方から説明が有り、その後近くの林で観察会が行われたんですが40名ほどの参加者が、宝物を探すように必死で粘菌を見つけます。

一番多く見つかったのが「ルリホコリ」という瑠璃色に輝く不思議な生き物です。

肉眼で見た感じは、モンシロチョウの卵みたいに見えるんですが、拡大鏡を使うとその形がはっきり見えてきます。
IMG_3922.jpg

見つかる時は、こういった丸い形の球状菌が木の枝裏側にびっしりと生えている所が有ったりします。
IMG_3921.jpg

〇〇ホコリ(忘れた)
 こんな白い物もあるんです。
IMG_3928.jpg

こちらは粘菌ではなく、キノコの仲間だそうでなかなか区別がつきません・・・
区別の仕方は、粘菌は⇒柔らかい  別のは⇒固い かな?
IMG_3931.jpg

粘菌の面白い所は雪の中でも育つんだとか。
 これは、雪から掘り出し雪をバックに撮影したもの。
IMG_3940.jpg

12:00 ネイチャーセンター発
 10時から2時間の講習会後、近くのリュウキンカ広場コースを散策することに。
IMG_3945.jpg

12:30 リュウキンカ広場
 リュウキンカ広場では沢山のリュウキンカやミズバショウが咲いていました。
IMG_3946.jpg

12:50 カワクルミ沼
 こちらは、水芭蕉が少し有る位で殆んど花は見かけられません。
IMG_3947.jpg

13:55 大門海沼
 こちらも、少しミズバショウが有るだけで花はありませんが水は奇麗です。
 
IMG_3952.jpg

14:05 周回沼
 野鳥観察小屋は、コロナウイルスの影響で閉鎖されていますが、新緑の森に囲まれた大きな沼に流れ入る水口には小規模のミズバショウの群落が有りました。
IMG_3953.jpg

澄んだ冷たい水は、水芭蕉にはうってつけの環境なのかもしれません。
IMG_3954.jpg

14:50 ネイチャーセンター着
 所要時間 2時間50分
 今回の散策コースの半分は残雪上ですが、特にカワクルミ沼~春木戸跡~周回沼までの間は9割が残雪の上を歩く道となっていますので、詳しい方の案内が必要かと思います。
IMG_3958.jpg

粘菌の講習会に誘って頂いたT1さん、一日行動を共にしていただき色んなことを教えて頂いたT2さん本当にありがとうございました。
 とっても有意義な一日でした。
スポンサーサイト



Last Modified : 2020-06-07

No Subject * by nadeshikobuta
ルリホコリきれいですね。
見つけるのに苦労しそうだけど知ってると楽しいですよね。
山歩きも色んな楽しみ方が出来て、、、常にルーペ携帯ですね(*^-^*)

Re: nadeshikobuta 様へ * by トシヒコ
そうなんです。
だんだん持ち物が増えてきそうですね・・・

Comment-close▲

コメント






管理者にだけ表示を許可

No Subject

ルリホコリきれいですね。
見つけるのに苦労しそうだけど知ってると楽しいですよね。
山歩きも色んな楽しみ方が出来て、、、常にルーペ携帯ですね(*^-^*)
2020-06-07-09:32 * nadeshikobuta [ 返信 * 編集 ]

トシヒコ Re: nadeshikobuta 様へ

そうなんです。
だんだん持ち物が増えてきそうですね・・・
2020-06-07-14:49 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]