山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  斜平山 >  小野川温泉近くの月山登山

小野川温泉近くの月山登山

山形県内の月山と名の付く山は私の知る限り3つ。
 ① 出羽三山の月山1980m
 ② 鳥海山の中腹にある月山森1650m
 ③ 小野川温泉近くの月山 529m
 
今回は③の月山529mに斜平山縦走のついでに立ち寄ってきました。

登山口が分からず迷った挙句に小野川温泉スキー場から登って行く事にしました。

13:50 スキー場発
 スキー場施設の脇からゲレンデ内を登って行きます。
 (黄色い線は、天狗山登山時に使った作業道です。) 
IMG_5162№2

13:55 登山道入り口
 ゲレンデから登山道に入って行く道には木製の看板が設置してありますが道刈りはされていませんでした。
IMG_5235.jpg

 うっそうとした杉林の中を歩いて行きますが、掘り込みが有ったりして歴史を感じさせる登山道となっています。
IMG_5239.jpg

13:58 天狗山館跡周辺コースの分岐
 黄色い線方面に行くと、天狗山館跡の周辺コースとなっているようで、看板が立って有ります。どんなものなのか今度行ってみたいと思いました。
IMG_5240.jpg

14:07 天狗山・おその沢分岐
 斜平山縦走の時はゲレンデ内を通って左側から来ましたが、今回は直射日光を避け杉林で、しかもなだらかなコースを来たんですが、20分で着く事ができこちらの方が楽かと思いました。(ゲレンデ内を歩くとここまで30分です)
IMG_5243.jpg

14:18 ゲレンデ内作業道と合流
 ↑上の写真の分岐から平たんな道を10分でゲレンデの作業道路に合流です。
 ここから、リフト降り場に向かいます。
IMG_5244.jpg

14:20 リフト降り場
 リフト降り場を目指して草が伸びたゲレンデ内を歩いて来ます。
IMG_5245.jpg

 リフト降り場の後ろに作業道路がありますので、道に沿って登ってくると兜山や吾妻連峰等が見えました。
IMG_5247.jpg

作業道路は刈り払いなどはされておらず道に沿って歩いて行きます。
すると尾根にぶつかるので、尾根に沿って50mほど歩くと山頂です。
IMG_5248.jpg

14:35 月山神社奥の院
 所要時間 約1時間
 山頂には祠が有りましたが、松林の中で展望は効きません。
IMG_5250.jpg

ただ西側一ヵ所のみ、枝の切れ間から麓を眺めることができます。
IMG_5251.jpg

14:40 下山
 帰りの西側の道はしっかり刈り払いされていて快適に降りて行く事が出来ます。
IMG_5252.jpg

14:47 三十三観音
 最初は緩やかだった坂も、途中から急斜面へと変わり小さな九十九折で降りてきます。途中、登山道わきの岩に沢山の仏像が彫られている所が有り、これが小野川三十三観音であることが初めてわかりました。
IMG_5254.jpg

14:53 もう一つの仏像群
 仏像群は2ヵ所に分かれていて、こちらは草に埋もれて何体かの観音様が祭られていました。
IMG_5256.jpg

14:56 風穴洞窟
 登山道わきに洞窟が有り中からはとっても冷たい冷気が吹き出していました。
 縦・横各1mほどで奥行きが結構ある洞窟でしたよ~
IMG_5260.jpg

15:00 水源地との分岐
 三十三観音の標識の道標が有りました。右に行くと山頂。直進は水道施設です。
IMG_5262.jpg

↑上の写真から数十メートル下ってくると標識が有り、正式な登山口はここから入ることになるようです。
IMG_5264.jpg

15:05 駐車場
 下山所要時間 30分
 周回所要時間 1時間15分
 小野川温泉スキー場から200mほど北側に鳥居が有りそこから登山道に入って行くのが正解でした。駐車場も清水山公園入口に数台分可能です。
IMG_5265.jpg

今回の概要です。
地図

 小野川温泉から斜平山に縦走しようと思ったら、月山経由でおその沢を渡って愛宕神社へ行くコースをお勧めします。

スポンサーサイト



Last Modified : 2020-08-13

コメント






管理者にだけ表示を許可