山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  八向山 >  八向山登山 新庄市の山形百名山

八向山登山 新庄市の山形百名山

新庄市の山形百名山に選ばれた八向山206m登山に行ってきました。

以前は、山頂までの登山道が無かったので途中までしか行った事が無かったんですが、登山道が出来たとの情報を得たので早速登ってきました。

駐車場入口は、新庄方面から行くと本合海の国道47号線歩道橋手前から右側に入っていきます。小さな看板も有ります。
IMG_5812.jpg

200mほど入ってくると八幡様がありますので、そこを右に曲がると10台ほどの駐車場が有ります。
 ここは、源義経が岩手に落ち延びて行く時に上陸した所なんだそうです。
IMG_5817.jpg

10:00 駐車場発
 駐車場から10mほど戻って先ほど来た道を奥に歩いて行きます。
 泥に足を取られながら進んで行きます。
IMG_5820.jpg

10:07 浄水場跡?
 最上川から離れ山側に向かってすぐに大きな広場が現れます。
 ここは確か浄水場かなんかの建物が有ったんですが、今は整地され何十台分もの駐車場の適地へと変わっていました。(車で来ると汚れます)
IMG_5821.jpg

整地された所から奥に50mほど入ってくると登山道の入口です。
看板が有りますので分かりやすいです。
IMG_5822.jpg

10:22 楯跡ととの分岐
 八向楯跡へは帰りに寄ることにして、右側の山頂を目指します。
 以前は、この登山道が無くて藪だったため、引き返したんです。
IMG_5826.jpg

分岐
 楯跡の分岐から50mほど入ってくると、直進と左折の分岐が有り、私は直進を選び坂を登って行ったのですが・・・
IMG_5829.jpg

坂を登って行くとピークが有りましたが、三角点や看板も何も見当たりません。
更に奥かと思い刈り払いされた道を進んで行ったら突然道が無くなってしまい、あえなく戻って左の道を下って行く事に・・・
IMG_5833.jpg

10:37 山頂への道と合流
 ピークから下ってくると、しっかりした道と合流。こちらが山頂への登山道でした。(今来た道は一体何なの?と言う感じ。)
IMG_5834.jpg

たかだか標高200m位の低山なんですが所々、西側は100mは有ろうかと言う絶壁で、しかも痩せ尾根なんです。おまけに山頂直下はとっても急登。
IMG_5836.jpg

10:55 山頂着
 所要時間 55分
 山頂からの展望は今の時期はまったく効きません。
 三等三角点と標識が有るのみで、すぐに下山します。
IMG_5837.jpg

11:10 八向の楯跡分岐
 ここから楯跡までは、なだらかな下りでとっても良く整備された登山道です。
 ここで、知っている5人の女性グループとスライド。(ビックリです!)
IMG_5844.jpg

11:18 空堀手前の分岐
 ここから先はいよいよ感動的な楯跡遺構群です。
 左側に進むと空堀を横断していく道。直進は空堀脇を歩く道で周回コースです。
IMG_5857.jpg

↑上の写真を左に曲がるとすぐに三重になった空堀が現れます。
 なんか、三重の空堀は初めて見た気がします。曲輪跡もあるんですよ~
IMG_5849.jpg

空堀を乗り越えると広い平坦地の、二の丸跡です。
IMG_5851.jpg

11:20 本丸跡
 二の丸跡から一段高い所に本丸跡が有りました。
 ここからの眺めは素晴らしいものが有りますので、絶対おすすめですよ~
IMG_5854.jpg

11:50 駐車場着
 往復の所要時間 1時間50分
 八向山自体は展望も得られず魅力的に今一ですが、楯跡からは俯瞰で見下ろす素晴らしい光景が広がり、しかも遺構がとっても面白くお勧めです。
IMG_5858.jpg

今回の概要です。
地図

次回は真室川町の米大平山206mや立川町の黒杉の巨木を紹介します、




スポンサーサイト



Last Modified : 2020-09-16

コメント






管理者にだけ表示を許可