山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  朝日連峰 >  大朝日岳 >  古寺鉱泉から大朝日岳登山コース

古寺鉱泉から大朝日岳登山コース

9月20日 大朝日岳1870mに、最もシンプルで整備された古寺登山コースから行ってきました。

 6:40 駐車場発
  古寺鉱泉の駐車場は、今年200台は駐車可能なほど大きく整備され、仮設トイレや古寺鉱泉に代わる立派な建物も整備され、駐車場の心配は全くいらなくなりました。
IMG_5926.jpg

6:45 元古寺鉱泉
 元古寺鉱泉朝陽館は現在閉館となり、閉鎖されています。
 その前を通って山頂を目指します。
IMG_5928.jpg

7:15 合体の木
 15分ほど坂道を登って行くと尾根道へと変わり、さらに進んで行くと合体の木が有ります。これは中が完全に空洞になり、骨と皮だけになったブナの老木が、若いヒメコマツにシッカリと抱き付いて、かろうじて生きながらえているなんとも哀れな木なんです・・・(ヒメコマツが可哀相・・・)
IMG_5933.jpg

8:15 一服清水
 このコースのいい所は水場が3か所もある所。その内の最初の水場です。
 とっても冷たく、暑い時など距離的にも最高の水場ではないでしょうか。
IMG_5936.jpg

8:25 ハナヌキ峰分岐
 ↑水場からは、トラバースする形で歩いて来るとハナヌキ峰への分岐が有ります。こちらは日暮沢小屋からくるコースで延々と登りが続きますので、ちょっと覚悟が必要です・・・
IMG_5937.jpg

ハナヌキ峰の分岐を左に曲がり平坦な道を過ぎると、このコース最大の難関。古寺山までの坂が始まります。これが結構きついんですよね~
 そんなきつさを和ませてくれるのが、私の好きなクチビルタケと言うキノコの群生が見られること。私的には、唇と言うよりはオッパイに似ていると思うんですが・・・
 (この写真のキノコは埃が付きすぎていますが、本来もっとキレイなんです)
IMG_5939キノコ

9:06 三沢清水
  40分ほど登ってくると、ようやく三沢清水に到着です。
 間欠泉の様に断続して噴出していますが、これまた冷たくグッドな水場です。
IMG_5941.jpg

9:46 古寺山1501m
 古寺山からは、小朝日や大朝日等、朝日連峰の山々がド~~~ンと迫って来て、今までの疲れが一片に吹き飛んでしまいます。
 しばしの休憩ポイントです。
IMG_5944.jpg

左の小朝日岳1647mとその右奥の大朝日岳1870m等が絶景です。
IMG_5945朝日展望

10:20 小朝日手前のトラバース分岐
 一般的には小朝日に登ってから大朝日に向かうんですが、今回は小朝日のトラバースコースを通って向かいます。
IMG_5948.jpg

10:45 小朝日岳との分岐
 トラバースコースは、若干のアップダウンは有りますが、短時間で小朝日を迂回する事が出来、しかも体力を使わずに大朝日に向かうことができる優れもの。
IMG_5950新

10:50 熊越
 小朝日のトラバースコースを抜け鞍部に掛かると、私の大好きな絶景が現れます。小朝日の荒々しい岩肌と、その下のV字渓谷。氷河で削られたであろう何万年もの昔にタイムスリップする事が出来るんです。
IMG_5951熊越

11:20 尾根歩き
  熊越から斜めに登ってくると尾根に出ますが、ここからは遮るものは何もなく、朝日連峰の山々を殆んど見る事が出来るようになります。しかも平坦。
IMG_5954.jpg

この尾根歩きは、お花畑ロードでもあり7月頃はヒメサユリの大群生が。
そして今の季節はオヤマリンドウが沢山咲いています。そんな中でも白色が有ったり、感動的ですよね~
IMG_5956.jpg

こちらは紫の濃いオヤマリンドウをバックに大朝日を撮ってみました。
 〇印は非難小屋です。
IMG_5958.jpg

11:40 銀玉水
 このコースで一番おいしいと言われる銀玉水。
 いつも豊富な冷たい水が湧き出ています。私は小屋に泊まる時はここから水を汲んで持って行くんです。
IMG_5960.jpg

12:30 私の今日の山頂
  急に、山頂に雲がかかり風も出てきたので、下山時間も考慮し今回はここを山頂として引き返します。ここから山小屋までは10分ほどでしょうか・・・・
 山頂は何度も行っているので無理は禁物です。
IMG_5962.jpg

17:30 駐車場着
 往復の所要時間 約11時間
 出発時は100台以上あった車も数十台に減っていました。
IMG_5970.jpg

 今回も色んな経験ができ、大変楽しく有意義な山行ができました。



スポンサーサイト



Last Modified : 2020-09-21

おはようございます。 * by nadeshikobuta
もう何年も前ですが一服清水から雨と雷で引き返しましたが…覚えてますか^^
それがなくても大朝日まで行けたかどうか改めて写真を見てると❓
いつか時間を掛けてもう一度いう気力もなくなり小屋泊まりでも無理かなと思ちゃいました(^^ゞ

Re: nadeshikobuta 様へ * by トシヒコ
そんなことあったような微かな記憶がよみがえってきました。古寺山まででもいいかもね。

Comment-close▲

コメント






管理者にだけ表示を許可

おはようございます。

もう何年も前ですが一服清水から雨と雷で引き返しましたが…覚えてますか^^
それがなくても大朝日まで行けたかどうか改めて写真を見てると❓
いつか時間を掛けてもう一度いう気力もなくなり小屋泊まりでも無理かなと思ちゃいました(^^ゞ
2020-09-23-08:06 * nadeshikobuta [ 返信 * 編集 ]

トシヒコ Re: nadeshikobuta 様へ

そんなことあったような微かな記憶がよみがえってきました。古寺山まででもいいかもね。
2020-09-23-18:31 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]