山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  滝・渓谷・湿原 >  潜り滝の奥にある水林集落跡

潜り滝の奥にある水林集落跡

 ブロ友さんの「木の実」さんが,ご家族で潜り滝を見に行かれたことを知り,その奥にある水林集落跡探検が私の懸案事項であることを思い出し,急遽行ってきました。
 
 その集落は「水林集落」といって,潜り滝の奥2キロの吉野川水源地近くの山奥にあり,昔,米沢藩が水の守り主として7軒の武士家庭を住まわせたそうです。
 
 まずは,予習を兼ねて前回の潜り滝の状況を見てから進んでください。
 
 口慣らしに,小滝集落の橋の下にある滝を眺めてから行くことにしました。
 高さ4~5m位でしょうか。
 滝つぼが深く以前は子供達が元気に泳いでいた様子が想像されました。

 
 水林集落跡に行くには,小滝小学校から南下し源蔵ソバを過ぎ萩小学校近くから西に入って行きます。
 新屋敷集落を過ぎた辺りに「加賀沢千軒跡」の石碑がありますが,この辺一帯が昔,金の採掘でにぎわった痕跡が残っています。

 
 集落を過ぎ1キロ位登っていくと,ローマ字のKを逆にしたような交差点がありますので,そこを斜め左前方に行きます。
 
 直ぐ砂利道になりますが2キロ少々行くと降りになり,数百メートル進むと右側奥にお墓が見えてきます。
 
 お墓の入り口に2体のお地蔵さん。(風化が進み歴史を感じさせます)

 
 その奥に7軒分のお墓がありますが,現在も真新しい百回忌や七回忌などの塔婆が立っているのには驚きました。

 
 お墓から間もなく三叉路になりますが,左折すると目的の水林集落跡です。
現在は,二件分の朽ち果てた建物跡が残っていました。

 
 三叉路を右折すると,約1キロで潜り滝です。
 車も行けます。
幅50~100m位の平坦地が川伝いに続いていて,昔は田畑として利用していた跡が感じられますが,今は杉の木が植林され少なくても30年以上経っているような気がしました。
 分岐点には車が数台停められます。

 潜り滝方面に行くと木道が整備されています。分岐後すぐの鉱山跡です。

 
さらに,200mほど行くと潜り滝の上部に着きます。
左側は良く見えませんが潜り滝の丸い穴が見えます。
右側は岩が大きく割れ,その間を通って滝の下へ行くことができます。

 
 2つ前の写真の分岐点を直進すると150mで堰堤です。
堤の高さは30m位は有にありそうです。

 堰堤はこの他にも「新兵衛堤」と言うのが分岐点100m手前奥にありますが,大きさは同じくらいでしょうか・・・・。
 
 江戸時代とはいえ,南陽市萩小学校から5キロほど山奥の何も無い所に居住を命ぜられた侍さん家族は凄いショックを受けたことでしょうね・・・・
 
 今だったら,絶対嫁さんから逃げられそうです。
 
 しかし,数十年前に廃墟と化した集落も,お墓や堤防や道路が今尚整備されていて,この集落に対しての強い愛着心が感じられました。
 
 帰りに,小滝地区で藁葺住宅を見つけましたので写真に撮ってきました。

 
 なかなかいい感じの住宅でしたよ~
スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

No title * by 瀑やん
へ~潜り滝の上流に集落があったんですか。
厳しい環境だったのでしょうね。
ところで、潜り滝って自然に出来たものでしょうか?

No title * by 風景と花
潜り滝~~~深さがあるようですね。

物淋しい集落跡地お地蔵さんが見守ってますね。

今でも茅葺住宅珍しい和む風景です。 ポチ☆

No title * by 桃
おはようございます♪
とても奥まった所に集落があるのですね。滝を超えてと大変ですがゴチャゴチャの街中に住むより体には良さそうですね

No title * by 黒柴テツ
他にはまったく人影を見ない寂れた景勝地。
こういうひっそりとした景勝地を独占している感じのとしひこさんは羨ましい・・・

更に今後に期待!

No title * by きよし
山間のちでの藁葺き屋根、趣があっていいですね。でも住んでいる人は大変かな。

No title * by spv3mirosan
小滝地区というのがどのくらい山奥なのか全く見当がつきませんが、豪農か山地主の住いのような立派な佇まいの住宅ですね。

No title * by トシヒコ
瀑やんさん
潜り滝の丸い穴は自然に出来た穴だそうです。
自然の造形美には本当に驚かされます。

No title * by トシヒコ
風景と花さん
水林集落は冬は本当に大変だったろうな・・・
そんな感じがしました。

No title * by トシヒコ
ももさん
ここに住んだら,戦争は起こらないし助け合いの精神が身につき素晴らしい人間になると思いますよ~

No title * by トシヒコ
てっちゃんさん
こんな所に来るのは私だけかと思いましたが,他にバイクで中年の男の人が来ていました。
その方は花を撮りに来たそうですが,びっくりしました。

No title * by トシヒコ
きよしさん
萱挽屋根に住んでいる人には会えませんでしたが,トイレも外でぽっちゃんトイレでした。
いや~
びっくりしてきました。

No title * by トシヒコ
Mirosan
なるほどね~
お蔵もありましたので,昔は庄屋さんかもしれませんね~

No title * by ゆうゆう
以前人の営みがあったとは思えない場所・・
厳しい環境の中、たくましく生きていた人たちが偲ばれます。

No title * by なおき
私も、トシヒコさんのあとに、樹の実さんの所に、立ち寄りました。
上山で大変な林道走行をされたとか^^;


萱葺☆
尾花沢で見つけましたが、今ひとつアングル悪かったかな…。
いつか、ここぞ!って時、報告しますね。

No title * by トシヒコ
ゆうゆうさん
まったくですよね~
冬なんか本当に大変だったと思います。

No title * by トシヒコ
なおきさん
心に留めて頂きありがとうございます。
心ずかいに感謝いたします。

Comment-close▲

コメント






管理者にだけ表示を許可

No title

へ~潜り滝の上流に集落があったんですか。
厳しい環境だったのでしょうね。
ところで、潜り滝って自然に出来たものでしょうか?
2011-09-16-05:44 * 瀑やん [ 返信 * 編集 ]

No title

潜り滝~~~深さがあるようですね。

物淋しい集落跡地お地蔵さんが見守ってますね。

今でも茅葺住宅珍しい和む風景です。 ポチ☆
2011-09-16-07:00 * 風景と花 [ 返信 * 編集 ]

No title

おはようございます♪
とても奥まった所に集落があるのですね。滝を超えてと大変ですがゴチャゴチャの街中に住むより体には良さそうですね
2011-09-16-09:15 * 桃 [ 返信 * 編集 ]

No title

他にはまったく人影を見ない寂れた景勝地。
こういうひっそりとした景勝地を独占している感じのとしひこさんは羨ましい・・・

更に今後に期待!
2011-09-16-10:29 * 黒柴テツ [ 返信 * 編集 ]

No title

山間のちでの藁葺き屋根、趣があっていいですね。でも住んでいる人は大変かな。
2011-09-16-11:01 * きよし [ 返信 * 編集 ]

No title

小滝地区というのがどのくらい山奥なのか全く見当がつきませんが、豪農か山地主の住いのような立派な佇まいの住宅ですね。
2011-09-16-14:49 * spv3mirosan [ 返信 * 編集 ]

No title

瀑やんさん
潜り滝の丸い穴は自然に出来た穴だそうです。
自然の造形美には本当に驚かされます。
2011-09-17-19:50 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

風景と花さん
水林集落は冬は本当に大変だったろうな・・・
そんな感じがしました。
2011-09-17-19:51 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

ももさん
ここに住んだら,戦争は起こらないし助け合いの精神が身につき素晴らしい人間になると思いますよ~
2011-09-17-19:55 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

てっちゃんさん
こんな所に来るのは私だけかと思いましたが,他にバイクで中年の男の人が来ていました。
その方は花を撮りに来たそうですが,びっくりしました。
2011-09-17-19:57 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

きよしさん
萱挽屋根に住んでいる人には会えませんでしたが,トイレも外でぽっちゃんトイレでした。
いや~
びっくりしてきました。
2011-09-17-19:59 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

Mirosan
なるほどね~
お蔵もありましたので,昔は庄屋さんかもしれませんね~
2011-09-17-20:03 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

以前人の営みがあったとは思えない場所・・
厳しい環境の中、たくましく生きていた人たちが偲ばれます。
2011-09-18-13:27 * ゆうゆう [ 返信 * 編集 ]

No title

私も、トシヒコさんのあとに、樹の実さんの所に、立ち寄りました。
上山で大変な林道走行をされたとか^^;


萱葺☆
尾花沢で見つけましたが、今ひとつアングル悪かったかな…。
いつか、ここぞ!って時、報告しますね。
2011-09-19-07:24 * なおき [ 返信 * 編集 ]

No title

ゆうゆうさん
まったくですよね~
冬なんか本当に大変だったと思います。
2011-09-19-11:02 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

なおきさん
心に留めて頂きありがとうございます。
心ずかいに感謝いたします。
2011-09-19-11:04 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]