山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  朝日連峰 >  祝瓶山 >  祝瓶山 吊り橋と原始林と山菜

祝瓶山 吊り橋と原始林と山菜

 朝日連峰でも独立した鋭鋒の祝瓶山(1417m)

 
 この山は、色んな花々が有り、吊り橋を渡って進むと原始林が有ったり、異次元の風景を楽しませてくれるとても魅力的な山なのです。
 
 まずは、木地山ダムから見る祝瓶と右側の大玉山

 
 ここから先は砂利道となり10分位行くと駐車場になります。
祝瓶山荘をはじめ3棟の小屋が有り、トイレや水場などが整備されています。

 
 
左側に電話ボックスが有りますが、これは登山者報告書を書くところで電話はありません。
 
 
 
 
 
 
 ここに車を停め10分位歩いて行くと、つり橋があり先週の土曜日に板が取り付けられたばかりということでした。
 かなり揺れて、おっかないつり橋です。

 
 吊り橋を渡り平坦な道を歩いて行くと、ちょっと危険な場所が一か所。

 
 ロープを伝って登って、また下る。
という所が有りますので、ここだけ注意をしてもらうとあとは、異次元の世界へ
 
レッツラ GO~!
 
です。
 

 
 まずは、かなり太いナラの古木が向かえてくれます。
 
 
 
 
 
 
 

 原始林の中はまだ雪が残っています。
 
 苔むした大石を縫うようにして道はあります。
 
 
 
 
 
 
 

 
 氷河期から残っているといわれる雪椿。
今が見ごろです。
 一帯が椿で埋め尽くされていたり、花が満開な所が有ったり、まるで椿園に行ったみたいなところもありますよ。
 
 
 
 

 原生林らしく、岩の上に生育した古木が有ったり
飽きることが有りません。
 
 こんな所は山形にはめったに有りません。
 
 私の大好きな場所です。
 
 
 

 原生林の終わりごろに、最後の締めくくりのように
広大な(1ha)ほどの湿地帯が有り、水芭蕉が一面に群生しています。
 ※ 今は時期が遅く、咲いているのは僅かになりました。
 
 
 
 
 

 
 湿地帯を過ぎると間もなく原生林が終わり、異次元の世界から普通のブナ林へと変わって行き、現実へと引き戻されます。ここから急峻な登山道が軟な体をいたぶる登山道へと変わって行きます。
 
 
 
 
 この風景が見えたらまもなく登り坂が待っていますよ~

 
 途中、沢山の山菜に目が移り、赤鼻尾根分岐まで行って、祝瓶山頂登頂は止め、山菜取りに変更することになり、下山しながらリュック一杯の山菜を採って大満足で帰って来ました。
 
 帰りの途中、次回予定している三体山の登山口にある、足場のないつり橋を試験的に渡ってきました。
 いや~怖いのなんのって、超びびりまくりでした。



 
 
西栃平下・桂谷吊り橋
 
長さ 50m位
高さ 30m位
足場板無
 
※ その内、足場板取り付けられるそうですが時期不明とのこと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 次回は、ここをリュックを背負って三体山まで歩かなければならないそうです・・・・。


 
 まむあいだ
 まむあいだ・・・・
                事故が起きませんように合掌
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

No title * by 瀑やん
最初の吊り橋、怖そうだなと思いました。
次の吊り橋は、楽しそうだなと・・・男ってバカですね。

でも、気を付けて下さい。

No title * by GGnoK3
「異次元の世界」という言葉に惹かれます、まだまだ
未知の世界があるのかもしれませんね。
足場板の無い吊り橋が面白そう。

No title * by 山ちゃん
ここはつり橋の時点で怖かった。
今のシーズン山菜は何が取れたのでしょうか?よかったですね。
桑住平から左に進み登山しましたが凄かった
でも霧雨で視界が悪く本当の怖さを知らないで終わっていたのかも(笑)

No title * by ゆうゆう
いやー この吊り橋・・・ある意味拷問受けているようじゃないですか!
絶対に渡れんなぁ~(笑)

No title * by トシヒコ
オフ専温泉さん
いや~
おっかなかったですね~
一歩一歩前進で中間まで行くのに結構な時間がかかりました。

No title * by トシヒコ
瀑やんさん
最初のも、凄く揺れるんでおっかなかったですね・・・。
次にが楽しそうだなんて思える心信じられません。

No title * by トシヒコ
GGnok3さん
いつも歩いている風景とは全く違った感じなんですよね~
1万年前に戻った感じがするというか…
人の手が入っていないんでしょうね~

No title * by トシヒコ
山ちゃんさん
山菜は
ウド・ゼンマイ・コシアブラ・などがメインです。
あと、黄色いフキノトウも採ってきましたよ。

No title * by トシヒコ
ゆうゆうさん
まったくまったくその通り・・・
肝っ玉をすえて渡らないと、大変なことになりそうです。

No title * by nadeshikokobuta
恐いけど渡ってみたい。。(^^ゞ
山菜が重かったらどうでしょう。。。ソロリソロリですね。

祝瓶、、山頂を踏んでないので是非行きたい山ですが。。。

No title * by papicom
こんばんわ♪
祝瓶山は蔵王から見てもその鋭鋒は朝日に引けを取らず
美しいお山ですね~登りたいわ~
でもこのつり橋は・・・板があっても腰が引けます(~_~;)
まして足場のない吊り橋はやめてくださいね~

No title * by step1248
祝瓶、コースも山体もスリリングで良いですね~(^^)/
板の無い吊り橋、嫌いじゃないです(笑)
願わくは、もう少し近くにあったらな~(-_-;)

No title * by トシヒコ
nadesikoさん
そうですね・・・
次回は山菜採れないですね。
今気が付きました。

No title * by トシヒコ
papikomuさん
吊り橋って幅が狭い方が良いですね~
つくずく思いました。

No title * by トシヒコ
step1248さん
自宅にお泊めいたしますよ。
我が家は嫁さんと二人なので1人位は大丈夫です。
是非わたってみてください。

No title * by ざしきわらし
今度は山形の山だな(-_-;)

ご無沙汰です、青森と秋田と宮城の山へ出張中でした(笑)

No title * by 岩代岩魚
気になっていた野川の様子が分かりました!
山登りじゃなくすみません(笑)。

No title * by 岩代岩魚
桂谷吊り橋、まだ板張られてないのですね。
そろそろでは?
水量少なければ砂防ダムの階段を下りて川を越してもいけますよ。

No title * by トシヒコ
岩城岩魚さん
参考になってよかったです。
川を渡った方が良いみたいですね~

No title * by トシヒコ
ざしきわらしさん
山形の山にお出での際はお声掛けくださいね。
我が家を起点に山移動して頂いても多ですよ。

Comment-close▲

コメント






管理者にだけ表示を許可

No title

最初の吊り橋、怖そうだなと思いました。
次の吊り橋は、楽しそうだなと・・・男ってバカですね。

でも、気を付けて下さい。
2012-06-05-06:42 * 瀑やん [ 返信 * 編集 ]

No title

「異次元の世界」という言葉に惹かれます、まだまだ
未知の世界があるのかもしれませんね。
足場板の無い吊り橋が面白そう。
2012-06-05-08:20 * GGnoK3 [ 返信 * 編集 ]

No title

ここはつり橋の時点で怖かった。
今のシーズン山菜は何が取れたのでしょうか?よかったですね。
桑住平から左に進み登山しましたが凄かった
でも霧雨で視界が悪く本当の怖さを知らないで終わっていたのかも(笑)
2012-06-05-09:24 * 山ちゃん [ 返信 * 編集 ]

No title

いやー この吊り橋・・・ある意味拷問受けているようじゃないですか!
絶対に渡れんなぁ~(笑)
2012-06-05-12:43 * ゆうゆう [ 返信 * 編集 ]

No title

オフ専温泉さん
いや~
おっかなかったですね~
一歩一歩前進で中間まで行くのに結構な時間がかかりました。
2012-06-05-15:14 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

瀑やんさん
最初のも、凄く揺れるんでおっかなかったですね・・・。
次にが楽しそうだなんて思える心信じられません。
2012-06-05-15:20 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

GGnok3さん
いつも歩いている風景とは全く違った感じなんですよね~
1万年前に戻った感じがするというか…
人の手が入っていないんでしょうね~
2012-06-05-15:24 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

山ちゃんさん
山菜は
ウド・ゼンマイ・コシアブラ・などがメインです。
あと、黄色いフキノトウも採ってきましたよ。
2012-06-05-15:30 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

ゆうゆうさん
まったくまったくその通り・・・
肝っ玉をすえて渡らないと、大変なことになりそうです。
2012-06-05-15:32 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

恐いけど渡ってみたい。。(^^ゞ
山菜が重かったらどうでしょう。。。ソロリソロリですね。

祝瓶、、山頂を踏んでないので是非行きたい山ですが。。。
2012-06-05-17:28 * nadeshikokobuta [ 返信 * 編集 ]

No title

こんばんわ♪
祝瓶山は蔵王から見てもその鋭鋒は朝日に引けを取らず
美しいお山ですね~登りたいわ~
でもこのつり橋は・・・板があっても腰が引けます(~_~;)
まして足場のない吊り橋はやめてくださいね~
2012-06-05-21:12 * papicom [ 返信 * 編集 ]

No title

祝瓶、コースも山体もスリリングで良いですね~(^^)/
板の無い吊り橋、嫌いじゃないです(笑)
願わくは、もう少し近くにあったらな~(-_-;)
2012-06-05-21:21 * step1248 [ 返信 * 編集 ]

No title

nadesikoさん
そうですね・・・
次回は山菜採れないですね。
今気が付きました。
2012-06-06-06:04 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

papikomuさん
吊り橋って幅が狭い方が良いですね~
つくずく思いました。
2012-06-06-06:05 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

step1248さん
自宅にお泊めいたしますよ。
我が家は嫁さんと二人なので1人位は大丈夫です。
是非わたってみてください。
2012-06-06-06:09 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

今度は山形の山だな(-_-;)

ご無沙汰です、青森と秋田と宮城の山へ出張中でした(笑)
2012-06-06-15:08 * ざしきわらし [ 返信 * 編集 ]

No title

気になっていた野川の様子が分かりました!
山登りじゃなくすみません(笑)。
2012-06-06-21:49 * 岩代岩魚 [ 返信 * 編集 ]

No title

桂谷吊り橋、まだ板張られてないのですね。
そろそろでは?
水量少なければ砂防ダムの階段を下りて川を越してもいけますよ。
2012-06-06-21:52 * 岩代岩魚 [ 返信 * 編集 ]

No title

岩城岩魚さん
参考になってよかったです。
川を渡った方が良いみたいですね~
2012-06-07-16:44 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

ざしきわらしさん
山形の山にお出での際はお声掛けくださいね。
我が家を起点に山移動して頂いても多ですよ。
2012-06-07-16:48 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]