山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  滝・渓谷・湿原 >  道元峡

道元峡

 尾花沢市の東方、御所山の道元峡に行ってきました。


 ここの面白み・すごさはなんと言っても「コバルトブルーの綺麗な水」と「奇岩・絶壁」の迫力です。高さ5m位の絶壁を横断していく場所などがあり迫力満点です。


 ここを横断する足場は10センチほど。
岩に取り付けてある鎖が命綱です。


 材木岩ですが、あまりに大きく全体が写真に撮れないのが残念です。


 このコースの最大の難所です。
洪水で流された、流木がありますが、とてもこれを使っては渡れません。
ところが、尾花沢の子供会の子供たち殆どは転落したそうですが、3名ほどは渡れたそうです。(サーカスへ行けそう。人間業とは思えません)


 このコースの中にはいろんな見所がありますが、その中に大きな滝が2箇所あり、そのうちの1つです。
 紅葉時期は綺麗ですよ~


 この滝も「竜ヶ滝」と言って、滝つぼと言い周りの景色といいとても美しい滝です。


 全体的に、川を何度も渡ったり、岩壁を鎖で横断したり、迫力満点で川も美しく、大変お勧めですが、濡れるのは覚悟してください。
 途中の流木があるが書は、1mほどの深さがあるため、よほどの装備をしないと濡れます。


帰りの登山道にある隋道です。

 このコースの所要時間は、沢歩きが2時間(ゆっくり)、帰りの平坦な登山道歩きが45分で全体で3時間弱でゆっくり遊べます。
スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

No title * by なおき
綺麗な場所ですね~
私は、釣りでも行ったことなかったです♪人が多くてはずしてましたが、こりゃ~紅葉のシーズン、落ち葉が川に落ちると、もっと、綺麗でしょうね^^p
危ない場所にポチ凸

No title * by トシヒコ
なおきさん
コバルトブルーの川に何箇所も水溜りがありましたが、魚影は確認できませんでした。
こんなところにも居るんでしょうかね・・・
但し、道現峡の終わり(層雲峡の始まり)は、落合と言って2つの川が合流するところですが、左側は真水(クラビコース側)で右側(層雲峡側)は、赤茶け魚が住めそうにありませんが、真水の方は大丈夫のようでしたよ。

No title * by あじさい
山は海のように先の見えないのが醍醐味なんでしょうねー。
それにしても険しそう。私は見るだけですが、紅葉の写真も楽しみです。

No title * by spv3mirosan
紅葉のころは一層きれいな所になりそうですね。
でも、険しくて誰でも行けるところではないようです。

No title * by トシヒコ
アジサイさん
岩と川の色が相まって紅葉はとても綺麗です。
また行く機会があると思いますので、旨く撮れたら掲載させていただきます。

No title * by トシヒコ
Mirosann
ところが、昔のお嬢さんから子供会まで結構楽しく行くことができますよ~。
濡れることを覚悟できたら、本当に童心に返って楽しめます。

Comment-close▲

コメント






管理者にだけ表示を許可

No title

綺麗な場所ですね~
私は、釣りでも行ったことなかったです♪人が多くてはずしてましたが、こりゃ~紅葉のシーズン、落ち葉が川に落ちると、もっと、綺麗でしょうね^^p
危ない場所にポチ凸
2009-09-10-06:44 * なおき [ 返信 * 編集 ]

No title

なおきさん
コバルトブルーの川に何箇所も水溜りがありましたが、魚影は確認できませんでした。
こんなところにも居るんでしょうかね・・・
但し、道現峡の終わり(層雲峡の始まり)は、落合と言って2つの川が合流するところですが、左側は真水(クラビコース側)で右側(層雲峡側)は、赤茶け魚が住めそうにありませんが、真水の方は大丈夫のようでしたよ。
2009-09-11-09:19 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

山は海のように先の見えないのが醍醐味なんでしょうねー。
それにしても険しそう。私は見るだけですが、紅葉の写真も楽しみです。
2009-09-11-10:36 * あじさい [ 返信 * 編集 ]

No title

紅葉のころは一層きれいな所になりそうですね。
でも、険しくて誰でも行けるところではないようです。
2009-09-11-17:50 * spv3mirosan [ 返信 * 編集 ]

No title

アジサイさん
岩と川の色が相まって紅葉はとても綺麗です。
また行く機会があると思いますので、旨く撮れたら掲載させていただきます。
2009-09-11-21:00 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

Mirosann
ところが、昔のお嬢さんから子供会まで結構楽しく行くことができますよ~。
濡れることを覚悟できたら、本当に童心に返って楽しめます。
2009-09-11-21:02 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]