山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  滝・渓谷・湿原 >  樹氷ツアー中止しての竜山氷柱見学

樹氷ツアー中止しての竜山氷柱見学

 ブロ友さんが、仙台からわざわざ樹氷見学に来ていただいたのに、蔵王ロープウエイは、山頂線が強風のため運休。
 せっかく来た中腹駅から,また引き換えしと相成ってしまいました・・・。

 
 協議の結果、竜山大滝へ氷柱見学に行くことになりました。
 ただ、3月に入ってしまっているので氷柱は壊れている可能性が80%。
 
 心配してもしょうがないのでいざ出発。
 
 三百坊が有る西蔵王放牧場に車を停め、カンジキを履いて歩いて行きました。
 カンジキも要らないくらいに踏み跡が有りましたが、写真を撮りながら歩いて行き
 
                  歩く事 1時間
 
 目の前に、前と変わらない大きな氷柱がど~~んと残ってくれていました。


 
残っていてくれたというより、今までよりず~~~~と色が綺麗でした。
 我がカメラ技術では、ちょっと色が解らないんですよね・・・・

 
 ツララも,このところの高温でひびが入っているのが多かったように思われました。
 それがまた面白い幾何学模様なんですよね~

ますますわかりずらかったですね・・・・・
 
ねじれたような、しかも下に行くにつれナイフのように平たくなったツララも健在です。
右側の太っちょツララの肌が餅肌で凄くすべすべしているのには感動しましたよ~。

 
今回も、不動明様の脇に有る氷のコップも健在。

 
氷のコップの拡大写真です。
ただ、透き通った水の音は雪解けが進んでいるため水量が多く聞けませんでした。

 
ただ、氷の芸術は今まで以上に繊細で複雑に変化して居たほか、色も全体的に
ブルーが強く、所によっては黄色っぽくて、とても幻想的な雰囲気が醸し出されていました。

こちらも色が出ていませんね・・・・・
 
これは、金色に光る氷。
不思議でしょ~

多分、私のウエアーが写っているだけの様ですが・・・・
 
氷の滝の中にブロ友さんが入ると、全体的な雰囲気が伝わって頂けるかと・・・

 
付録
  最後は、駐車場の近くに有る石の鳥居です。
これってすごい歴史が有るんですよ~
 もし行かれた場合は、ぜひ立ち寄ってみてください。

スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

コメント






管理者にだけ表示を許可