山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  天狗山 >  飯豊町の二つ目の天狗山 №2

飯豊町の二つ目の天狗山 №2

 前回は、一般的な天狗山610mを紹介させて頂きましたが、今回は超穴場
天狗山です。
 これだったら、修験僧や山伏が修験の場に使っただろうな~
そんな感じがする、スリル満点の所でした。
 
 まずは、杉立峰664mからの展望から。
 
 本来は、蔵王連峰や吾妻連峰が見渡せるはずなんですが・・・・

 
 

9:40 杉立峰発
 天狗山奥之院からここまでは藪ですよ~
とお知らせしましたが、ここから二つ目の天狗山
分岐までは、もっと藪で、今の時期しか歩かない方が良いと思います
 
 今回は、雪庇の上を歩けたので楽に移動が出来ました。 (拡大してみてください。)
 
 
 
10:00 国土地理院の測量点があるピーク
 ピークが目前に見えますが、ここからの展望が良かったですよ~
 また、このピークから先は尾根伝いに簡単に道刈りがされていました。
 

 
 
 上の写真のピークから、少し下った所から東に延びる尾根が有りますので、天狗山へは、そちらに向かって降りて行きますが、道跡は殆どわからなくなっていますので、痩せ尾根めがけて急斜面の藪をこぎながら降りて行く事になりますので注意してください。
 

 
 このコースでの最大の難所は、東に延びる痩せ尾根です。
 アップダウンが有る他、藪がひどくて体一つで歩くのも大変なのに、リュックを背負っての藪こぎはホント苦労します。
 赤丸の中に人がいるのが解りますか?
 更に、岩が露出しているところはとても急で、ここから転落したら・・・・・・・
 

間違いなしです。

 
 
 

10:30 下山道と天狗山との分岐
 前の写真の所から痩せ尾根を苦労して登り返してくると、ちょっとしたピークになりますが、ここまで来ると一安心。
 右側は下山道路。
 左側は天狗山ですが・・・・。
 
 
 
 
 いやはや・・・・
 最初楽かと思いきや、やっぱりすごい痩せ尾根と岩で、これまた大変。
 写真もっとたくさん載せて、詳しくお知らせしたいのですが限りがありますので、代表を一枚。
 これは、天狗山手前最後の難所で、上から垂れ下がっている鎖を頼りにターザンの様にトラバースするところです。

 
 
10:30 天狗山
 天狗山といっても、山頂にあるのではなく、痩せ尾根の一部に祠があるといってもいいかもしれません。
 祠と剣が置いてありました。
 (赤い線が登山道です。)
 
 小学校の登山記念が置いてあったそうですが・・・・
 え!
 しょ 小学校生が登って来たの~~~~~~~~~~~~~!



 びっくりです。

 
 
天狗山に参拝した後は、下山道が有る分岐まで引き返して、降りて行きます。
これまた急な道で、ロープや鎖場が何カ所かありました。
 
11:20 姥神様? 
  (okusannはもっと優しい名前を教えてくれたんですが思い出せません)
 途中の岩場が空洞になって、中に姥神様?が安置してありました。
 ここの神様は、凄く優しい顔をしていましたよ~ 

 
 
ここから見る分岐のピークと天狗山との位置関係です。
こちら側はまったく普通の山姿ですが、反対側は凄い絶壁なんですよね~

 
 
こちらのコースも北側の切れ込みが凄くて、途中までの痩せ尾根下りは細心の注意が必要です。

 
 
 

この辺は、ロープが設置してありました。
 
この急斜面を過ぎると、今度は直下降です。
 
いや~
よくこんなハードな所を小学生が登ってくるもんだと感心してしまいました。
 
 
 
 

11:50 線路に到着
 途中、急な坂を下って、狭い渓谷を通り、
 ようやくJR宇津トンネル手前100m位のところに到着です。
 
 ここからは線路わきを通って10分で駐車場到着。
 
 
 
 今回の二つの天狗山周回所要時間は 5時間弱 ですが、今の時期にしか歩けない所だと思いました。
 雪が多いと痩せ尾根は危険だし、雪が無くなると藪がひどくなってくる。
 
 本当にベストの時にokusannから案内して頂きました。
 イワウチワやショウジョウバカマも咲き始めていたんですが、載せたい写真が多すぎて今回は削除しました。
 
 二つ目の天狗山は、線路側からの道跡がはっきりしていましたので、
 夏場は迷わず行けると思います。
 
 okusann本当にありがとうございました。
スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

No title * by 北の釣吉
沢登りのようです。

釣吉の岩魚釣りも4月下旬から本格始動です。

No title * by kamihuusenn-sora
いやぁ・・こんなところを 登れる人すごい。
絶対 足がすくんで 進むも戻ることも出来なくなりそう・・・

お花も見たいです。 別企画 話題の無いときにでも お願いします。

☆彡

No title * by ゆうゆう
ほんとにすごい痩せ尾根ですね!
観ているだけでも怖い感じです。

しかし、誰がこんなところに祠を建てたんでしょうか?
凄いですよね。

No title * by step1248
これはもう登山の領域を完全に超えてますね、アドベンチャ~です。

凄く足場の悪そうな藪こぎですね、どこに人がいるのか指摘されてもまったく分りません、よくぞ突入しましたね、私なら即撤退って感じです。
奥さんにバレたら叱られませんか?(笑)

No title * by トシヒコ
北の釣吉さん
ようやく本格始動ですか~
おめでとうございます。
釣果報告楽しみにしております。

No title * by トシヒコ
kamifuusennさん
そうなんですよね~
花もアップしたいんですがなかなかチャンスが有りません。

No title * by トシヒコ
ゆうゆうさん
まったく同感です。
もう少し楽な所だといいんですがね・・・。

No title * by トシヒコ
step1248さん
そうなんですよね~
嫁さんには内緒なんです。
やかましいですからね・・・。

No title * by akiはamebaブログへ
雪が中途半端に残っているとかえって危険ですよね~。
なかなかの難所です。
しかし、610mでこの残雪って、サスガ世界の豪雪地帯です。

No title * by トシヒコ
akiさん
そうなんですよね・・
雪庇は凄かったですよ~

Comment-close▲

コメント






管理者にだけ表示を許可

No title

沢登りのようです。

釣吉の岩魚釣りも4月下旬から本格始動です。
2013-04-12-06:55 * 北の釣吉 [ 返信 * 編集 ]

No title

いやぁ・・こんなところを 登れる人すごい。
絶対 足がすくんで 進むも戻ることも出来なくなりそう・・・

お花も見たいです。 別企画 話題の無いときにでも お願いします。

☆彡
2013-04-12-07:51 * kamihuusenn-sora [ 返信 * 編集 ]

No title

ほんとにすごい痩せ尾根ですね!
観ているだけでも怖い感じです。

しかし、誰がこんなところに祠を建てたんでしょうか?
凄いですよね。
2013-04-12-12:22 * ゆうゆう [ 返信 * 編集 ]

No title

これはもう登山の領域を完全に超えてますね、アドベンチャ~です。

凄く足場の悪そうな藪こぎですね、どこに人がいるのか指摘されてもまったく分りません、よくぞ突入しましたね、私なら即撤退って感じです。
奥さんにバレたら叱られませんか?(笑)
2013-04-12-18:17 * step1248 [ 返信 * 編集 ]

No title

北の釣吉さん
ようやく本格始動ですか~
おめでとうございます。
釣果報告楽しみにしております。
2013-04-12-20:41 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

kamifuusennさん
そうなんですよね~
花もアップしたいんですがなかなかチャンスが有りません。
2013-04-12-20:46 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

ゆうゆうさん
まったく同感です。
もう少し楽な所だといいんですがね・・・。
2013-04-12-20:47 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

step1248さん
そうなんですよね~
嫁さんには内緒なんです。
やかましいですからね・・・。
2013-04-12-20:48 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

雪が中途半端に残っているとかえって危険ですよね~。
なかなかの難所です。
しかし、610mでこの残雪って、サスガ世界の豪雪地帯です。
2013-04-12-22:27 * akiはamebaブログへ [ 返信 * 編集 ]

No title

akiさん
そうなんですよね・・
雪庇は凄かったですよ~
2013-04-13-05:51 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]