山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  蔵王連峰 >  竜山 >  竜山 姥神コース帰りコース №2

竜山 姥神コース帰りコース №2

 前回紹介した前滝コースから帰りは姥神コースを使用して帰りましたので、その報告です。
 
 山頂からは雁戸山がシルエットのように見えました。

 
山頂も凄く暑いんで握り飯2つ食べてそそくさと帰り支度です。
こんなに暑いと、大好きな赤飯握り飯も喉を通りません。
やっぱり、きゅうりの漬物等が一番ですね~
 

12:40 山頂から下り
 山頂には斉藤茂吉歌人の詩が刻まれた木柱が立っているんですが・・・・・
 
 暑すぎて、歌を詠む気力さへ湧いてきません。
 もっともそんな能力は持ち合わせていませんがね・・・・

 
 
 
 

 
12:50 大滝コースとの分岐
 大滝コースの分岐からちょっと下がった所は、
最近降り続いた豪雨のせいでしょうか、かなりえぐられていました。
 
 写真では解りませんが、結構急なんですよ~
 
 
 
 

 
 
 
 
 今の竜山には、殆ど花らしい花は有りませんが、クルマユリだけは頑張って咲いていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
13:00 乳母神様
 こちらの姥神様もあんまり怖くないんですね~
 作った人の性格が表れているんでしょうか。
 この辺では、大岡山の姥神様はとってもおっかない顔をしているので、作者はかなり根性が悪かったのかも・・・・・

 
姥神コースの最大の難所
岩肌に鉄製のU字金具が打ち付けてあります。

 
 

 そこを過ぎれば、後はなだらかな下りへと変わって行きます。
 道幅も3~4m位は有りそうな立派な登山道へと変わって行きます。
 
 これぞ高速道路!
 
 
 
 
 

13:15 放牧場到着
 ここまで来ると、着いたも同然。
 
 間もなくうがい場です。
 
 
 
 
 
 
 
 

13:17 うがい場
 コンクリート製の構造物がある所より数メートル
上が湧きだしているところなので、水を飲む場合はそこから飲んだ方が良いです。
 
 
 
 
 
 
 
 

 放牧場を歩いていると、色んな木々がありますが、そんな中トチの実が沢山なっていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
放牧場越しに振り返ってみる竜山です。
この風景が私は好きなんですよね~

 
 

13:30 駐車場着
 私が帰った時は誰もいませんでした。
 
 赤印は、行く時の前滝コースです。
 
 
 
 
 
 
 
帰りの所要時間は  50分
 
 行は 1:20
 帰りは 50分
 
所要が有る時の登山には良いコースではないでしょうか。
スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

コメント






管理者にだけ表示を許可