山形の山や自然を写真で紹介。

主に登山道口を写真を使って分かりやすく紹介している他、秘湯や渓谷、日常の生活などもアップしています。

TOP >  朝日連峰 >  祝瓶山 >  祝瓶山周回登山

祝瓶山周回登山

 nadesikoさんご夫妻と東北のマッターホルンと言われる祝瓶山1417mに行ってきましたので紹介します。
 
 今回は台風一過の素晴らしい天候に恵まれ、最高の山行となりました。
 
 まずは、毎回同じところから写真を撮ってしまう木地山ダムから眺める祝瓶山

 
 
ダムの下流側の渓谷
紅葉時期は最高の眺め何でしょうがね・・・・・

 
 

7:20 祝瓶山荘駐車場発
 平日なのでか、誰もいませんでした。
 
 電話ボックス型の中にある登山者記入用紙は
今年の6月末が最後で、以降新しい用紙は補充されていません。
 
 
 
 
 
 

7:30 吊り橋
 この吊り橋は、ちょっと幅が広く揺れるので
おっかないんですよね~
 
 もうちょっと狭いと、両手でワイヤーをつかめるんですが・・・・・・
 
 3人まで渡れるんだそうですが揺れが半端ないでしょうね~
 
橋を渡って間もなくの、最初のビューポイントからの祝瓶山

 
 
 

7:50 ナラの巨木
 
最初は、ほぼ平坦な道を進んで行きます。
桑住平周辺は巨木や奇木と岩がゴロゴロしている原生林の中を歩いて行きますが
特に、ナラの巨木が好きで、毎回撮ってしまいます。
 
 
 
 

8:10 桑住平の分岐
 ここから直進するとアカハナ尾根分岐ですが
今回は、左側に折れて直登コースを選びました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桑住平の分岐から曲って、5分位平坦な道を歩いて行きますが、そこが終わると
いよいよ急な登りです。
 最初は九十九折で登って行きますが、だんだん痩せ尾根になり、展望、迫力満点なコースへと変わって行きます。
 
 丸の中にうっすらと磐梯山が解るでしょうか?

 
 
こんな崩れかかった所があったり・・・

 
↓ 登るにつれ、尾根も痩せて行き

 
 
遂にはこんな岩場まで出てきて、難儀しながら登って行きます。

 
でも、一挙に高度を上げるため、展望もこれまた素晴らしく、山頂直下のトラバース地点が有るんですが、そこの手前からの眺めは今までの疲れを一挙に吹っ飛ばしてくれるような素晴らしいものとなっています。
 一服しながら、体全体でこのビューポイントの感動を堪能してきました。

 
いよいよ最後の難所
トラバース点。
 急な斜面を横切り

 
 
ロープが張られた急斜面を、這いつくばるようにして登って行くと

 
11:20 山頂着
 360度の大パノラマが堪能できます。
 飯豊・吾妻・蔵王の各山並み 特に、飯豊連峰の石転び雪渓には、まだ沢山の残雪が残っているのが見えました。
 新潟県の村上平野も眺められます。
 
 下の写真の雲がかかっているのが大朝日です。

 
帰りは、大玉山方面に降りて行きアカハナ尾根分岐から桑住平へ降りて行きます。
下山して間もなくから振り返って眺める山頂

 
アカハナ尾根分岐から眺めた祝瓶山
 ↓の写真の左側の尾根を登ってきて、中央手前に続く尾根を下ってきました。

 
見る方向によって、色んな姿を見せてくれる祝瓶山
朝日連峰の南端に属しているとはいえ、ほぼ単独峰に近い鋭鋒は本当に東北のマッターホルンにふさわしいものです。
 
15:20 駐車場着
  周回所要時間 8時間

 今回ご一緒して頂いたnadesikoさんご夫妻には、祝瓶山の素晴らしさを新たに気付かさせて頂き大変楽しい山行となりました。
 本当にありがとうございました。
 
 またよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-10

No title * by kuma仙人
祝瓶って独特な山ですよね
オイラも好きな山です
でも、最近は山登りする時間が全然作れない(^_^;)
つうか、余計な事しすぎてる訳ですね(笑)

No title * by 花一匁
おはようございます♪♪
周回コ-ス、懐かしい画像です。
02.08.10仙台勤務の頃に登りました。
祝瓶山荘まで長かった記憶があります。
画像を見ながら、臨場感に浸っています。

No title * by 山ちゃん
お!祝瓶山だ~
天候に恵まれましたね。いいな~

私も登りましたが天候が悪く何も見えず、逆に急なところ怖い様子を感じる事無く歩いて来ました。
でも大朝日から来た道との分岐に中々たどり着かず半分泣きべそかきながら歩いたのを思い出しました。
(私悪路の南八甲田・いとう岳に行く途中雷にあった時と涙したのは3回です)
関係ないか

No title * by MASY
わぁ~!(^^)!

絶好の登山日和でしたね~(^o^)/
。。。日焼け対策はしていましたか?(笑)(^_-)-☆

No title * by spv3mirosan
東北のマッターホルンとは凄い名前で呼ばれているのですね。
確かに険しそうな山ですね。

日本人って日本の○○とか、○○のグランドキャニオンだとかと名を付けるのが好きなようですね。

No title * by ゆうゆう
カラッと晴れ渡った空、山登りには最高の季節ですねー
そして、これまた面白そうな山です!!

No title * by step1248
今晩は~
今年の春から計画していた山ですが、中々上手くいきません。
険しいとは聞いていましたが、予想以上ですね、紅葉期の候補ですが登れるか心配になって来ました。
林道は普通車でも大丈夫でしょうか。

No title * by papicom
こんばんわ^^

祝瓶とはお目出度いネーミングですが

見る角度によって全く違う表情だと仰る通り

祝いの瓶に見える角度があるのでしょうね~


あ~~~あの大朝日いつになったら登れるでしょう

No title * by joepo777
こんばんわ
9月の初めに祝瓶山荘行ったものの
雲が厚く戻ってきちゃいました。
普通車であの林道を行くと
車酔い気味で登る意欲が無くなります。
2年連続2回とも、曇と車酔いで撃退した
ヘタレな俺です(; ;)
トシヒコさんが羨ましいです
天気がイイと戦闘意欲も湧くんですけどね~

何時になったら祝瓶の山頂に立てるんでしょうね・・

No title * by トシヒコ
nadesikoさん
今回は本当に楽しい山行ができました。
こちらこそよろしくお願いいたします。

No title * by トシヒコ
オフ専温泉さん
蒲生岳どんなんでしょうかね。
チェックしておきます。

No title * by トシヒコ
クマ仙人さん
趣味が多いってことは良い事ですね~
話題も豊富だし、健康的な生活が送れますからね~

No title * by トシヒコ
花一匁さん
ツリバナマユミの花本当にうまく撮れていたのにはびっくりしました。
羨ましいです。

No title * by トシヒコ
やまちゃんさん
そうなんですか・・・
やっぱり、天気によるんですね・・・

No title * by トシヒコ
MASYさん
日焼け対策は全くなしです。
逆に日焼けをしたいくらいですよ~

No title * by トシヒコ
Mirosanさん
そうみたいですね~
外国に負けたくない民族性があるんでしょうかね~

No title * by トシヒコ
ゆうゆうさん
そうですよ~
なかなか季節ごとの魅力あり、これからは紅葉が素晴らしいです。

No title * by トシヒコ
step1248さん
乗用車ではちょっときついかも・・・・
車高が高いと問題ないですが。

No title * by トシヒコ
パピコムさん
祝うような姿は有るんでしょうかね・・・

大朝日は是非ご一緒させて頂きたいと思います。

No title * by トシヒコ
joepo777 さん
何事三遍
その内感動が待っていますよ~

Comment-close▲

コメント






管理者にだけ表示を許可

No title

祝瓶って独特な山ですよね
オイラも好きな山です
でも、最近は山登りする時間が全然作れない(^_^;)
つうか、余計な事しすぎてる訳ですね(笑)
2013-09-18-07:29 * kuma仙人 [ 返信 * 編集 ]

No title

おはようございます♪♪
周回コ-ス、懐かしい画像です。
02.08.10仙台勤務の頃に登りました。
祝瓶山荘まで長かった記憶があります。
画像を見ながら、臨場感に浸っています。
2013-09-18-07:32 * 花一匁 [ 返信 * 編集 ]

No title

お!祝瓶山だ~
天候に恵まれましたね。いいな~

私も登りましたが天候が悪く何も見えず、逆に急なところ怖い様子を感じる事無く歩いて来ました。
でも大朝日から来た道との分岐に中々たどり着かず半分泣きべそかきながら歩いたのを思い出しました。
(私悪路の南八甲田・いとう岳に行く途中雷にあった時と涙したのは3回です)
関係ないか
2013-09-18-10:19 * 山ちゃん [ 返信 * 編集 ]

No title

わぁ~!(^^)!

絶好の登山日和でしたね~(^o^)/
。。。日焼け対策はしていましたか?(笑)(^_-)-☆
2013-09-18-12:56 * MASY [ 返信 * 編集 ]

No title

東北のマッターホルンとは凄い名前で呼ばれているのですね。
確かに険しそうな山ですね。

日本人って日本の○○とか、○○のグランドキャニオンだとかと名を付けるのが好きなようですね。
2013-09-18-16:09 * spv3mirosan [ 返信 * 編集 ]

No title

カラッと晴れ渡った空、山登りには最高の季節ですねー
そして、これまた面白そうな山です!!
2013-09-18-17:06 * ゆうゆう [ 返信 * 編集 ]

No title

今晩は~
今年の春から計画していた山ですが、中々上手くいきません。
険しいとは聞いていましたが、予想以上ですね、紅葉期の候補ですが登れるか心配になって来ました。
林道は普通車でも大丈夫でしょうか。
2013-09-18-18:54 * step1248 [ 返信 * 編集 ]

No title

こんばんわ^^

祝瓶とはお目出度いネーミングですが

見る角度によって全く違う表情だと仰る通り

祝いの瓶に見える角度があるのでしょうね~


あ~~~あの大朝日いつになったら登れるでしょう
2013-09-18-21:18 * papicom [ 返信 * 編集 ]

No title

こんばんわ
9月の初めに祝瓶山荘行ったものの
雲が厚く戻ってきちゃいました。
普通車であの林道を行くと
車酔い気味で登る意欲が無くなります。
2年連続2回とも、曇と車酔いで撃退した
ヘタレな俺です(; ;)
トシヒコさんが羨ましいです
天気がイイと戦闘意欲も湧くんですけどね~

何時になったら祝瓶の山頂に立てるんでしょうね・・
2013-09-18-23:38 * joepo777 [ 返信 * 編集 ]

No title

nadesikoさん
今回は本当に楽しい山行ができました。
こちらこそよろしくお願いいたします。
2013-09-19-10:59 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

オフ専温泉さん
蒲生岳どんなんでしょうかね。
チェックしておきます。
2013-09-19-11:04 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

クマ仙人さん
趣味が多いってことは良い事ですね~
話題も豊富だし、健康的な生活が送れますからね~
2013-09-19-11:08 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

花一匁さん
ツリバナマユミの花本当にうまく撮れていたのにはびっくりしました。
羨ましいです。
2013-09-19-11:11 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

やまちゃんさん
そうなんですか・・・
やっぱり、天気によるんですね・・・
2013-09-19-11:14 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

MASYさん
日焼け対策は全くなしです。
逆に日焼けをしたいくらいですよ~
2013-09-19-11:18 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

Mirosanさん
そうみたいですね~
外国に負けたくない民族性があるんでしょうかね~
2013-09-19-11:22 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

ゆうゆうさん
そうですよ~
なかなか季節ごとの魅力あり、これからは紅葉が素晴らしいです。
2013-09-19-11:27 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

step1248さん
乗用車ではちょっときついかも・・・・
車高が高いと問題ないですが。
2013-09-19-11:28 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

パピコムさん
祝うような姿は有るんでしょうかね・・・

大朝日は是非ご一緒させて頂きたいと思います。
2013-09-19-11:32 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]

No title

joepo777 さん
何事三遍
その内感動が待っていますよ~
2013-09-19-11:34 * トシヒコ [ 返信 * 編集 ]